Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 17-ヒドロキシプレグネノロン(または、17α-ヒドロキシプレグネノロン)は、プレグネノロンの17Cの位置でヒドロキシル化反応して得られるC21のステロイドである。副腎と性腺のミトコンドリアのシトクロムP450酵素、17α-ヒドロキシラーゼ (CYP17A1)によってこの反応が起こる。17-ヒドロキシプレグネノロンは思春期の終わり頃にピークを迎え、その後は一転減少する。また、妊娠中には再び高いピークを得る。
dbpedia-owl:casNumber
  • 387-79-1
dbpedia-owl:iupacName
  • 3β,17-ジヒドロキシプレグン-5-エン-20-オン
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1168453 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2549 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 23 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52588806 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:cas登録番号
  • 387 (xsd:integer)
prop-ja:iupac
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • 17 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:分子式
  • C21H32O3
prop-ja:分子量
  • 332.480000 (xsd:double)
prop-ja:構造式
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:融点
  • 268 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 17-ヒドロキシプレグネノロン(または、17α-ヒドロキシプレグネノロン)は、プレグネノロンの17Cの位置でヒドロキシル化反応して得られるC21のステロイドである。副腎と性腺のミトコンドリアのシトクロムP450酵素、17α-ヒドロキシラーゼ (CYP17A1)によってこの反応が起こる。17-ヒドロキシプレグネノロンは思春期の終わり頃にピークを迎え、その後は一転減少する。また、妊娠中には再び高いピークを得る。
rdfs:label
  • 17-ヒドロキシプレグネノロン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 17-ヒドロキシプレグネノロン
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of