Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 120mm迫撃砲 RT(フランス語: Mortier 120mm Rayé Tracté Modèle F1,MO-120-RT-61)は、フランス・トムソン-ブラーント社が開発した迫撃砲。口径120mmで、従来の軽榴弾砲に匹敵する射程を備えることで知られている。射程約10数Km。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 663276 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4858 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 75 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58988140 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:俯仰角
  • 30 (xsd:integer)
prop-ja:弾薬
  • 120 (xsd:integer)
prop-ja:旋回角
  • 左右14度
prop-ja:最大射程
  • 約8,100m(通常弾), 約13,000m(RAP弾:ロケット補助推進弾)
prop-ja:発射速度
  • 通常時6発/分、最大20発/分
prop-ja:砲身長
  • 2080.0
prop-ja:種別
prop-ja:重量
  • 582.0
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 120mm迫撃砲 RT(フランス語: Mortier 120mm Rayé Tracté Modèle F1,MO-120-RT-61)は、フランス・トムソン-ブラーント社が開発した迫撃砲。口径120mmで、従来の軽榴弾砲に匹敵する射程を備えることで知られている。射程約10数Km。
rdfs:label
  • 120mm迫撃砲 RT
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of