Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • チェコ国鉄120号線、別名プラハ~ラコヴニーク線(チェコ語;Železniční trať Praha–Rakovník)は、チェコ国鉄の鉄道線の名称である。前身は、1830年、デイヴィツェ~ストホフ~ラーニ間に狭軌で開業したプラハ鉄道である。その後改軌され、1863年にブシチェフラド鉄道によりデイヴィツェ~クラドノ間が再開業した。その後徐々に開業区間が伸び、1873年に全線開通した。プラハとエルツ山地方面を結ぶ路線として開業したが、現在その役割は主に090号線が担っており、こちらはプラハとラコヴニークを結ぶローカル路線としての役割を担っている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3040908 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7330 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 55 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53890062 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:lnge
  • 72 (xsd:integer)
prop-ja:neigung
  • 24 (xsd:integer)
prop-ja:spurweite
  • 1435 (xsd:integer)
prop-ja:streckennr
  • 120 (xsd:integer)
prop-ja:vMax
  • 80 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • チェコ国鉄120号線、別名プラハ~ラコヴニーク線(チェコ語;Železniční trať Praha–Rakovník)は、チェコ国鉄の鉄道線の名称である。前身は、1830年、デイヴィツェ~ストホフ~ラーニ間に狭軌で開業したプラハ鉄道である。その後改軌され、1863年にブシチェフラド鉄道によりデイヴィツェ~クラドノ間が再開業した。その後徐々に開業区間が伸び、1873年に全線開通した。プラハとエルツ山地方面を結ぶ路線として開業したが、現在その役割は主に090号線が担っており、こちらはプラハとラコヴニークを結ぶローカル路線としての役割を担っている。
rdfs:label
  • 120号線 (チェコ)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of