Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 1.44は、ロシア空軍向けにミコヤンが開発した、第5世代ジェット戦闘機にあたる1.42の概念実証機。製品1.44(ロシア語:Изделие 1.44)とも呼ばれる。2000年に初飛行をしているが、ロシアの財政難により計画は進展していない。北大西洋条約機構(NATO)の使用するNATOコードネームはフラットパック (Flatpack)。当機は試作機ゆえにプレフィックスが無く紛らわしいため、便宜上MiG-1.44と呼称されることがある。また、資料によってはMiG-35、MiG-39、MiG-42、MiG-MFIなどの誤用も散見される。
dbpedia-owl:aircraftType
  • 試作機
dbpedia-owl:firstFlight
dbpedia-owl:numberBuilt
  • 1 (xsd:integer)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1385803 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4384 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 77 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59045493 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:キャプション
  • 2015 (xsd:integer)
prop-ja:ユニットコスト
  • 約84億円
prop-ja:分類
  • 試作機
prop-ja:初飛行年月日
  • --02-29
prop-ja:名称
  • border|22x20px 1.44
prop-ja:生産数
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:用途
  • 概念実証機
prop-ja:画像
  • File:Mikoyan Project 1.44 on display at MAKS 2015.jpg
prop-ja:設計者
prop-ja:運用状況
  • 開始中止
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 1.44は、ロシア空軍向けにミコヤンが開発した、第5世代ジェット戦闘機にあたる1.42の概念実証機。製品1.44(ロシア語:Изделие 1.44)とも呼ばれる。2000年に初飛行をしているが、ロシアの財政難により計画は進展していない。北大西洋条約機構(NATO)の使用するNATOコードネームはフラットパック (Flatpack)。当機は試作機ゆえにプレフィックスが無く紛らわしいため、便宜上MiG-1.44と呼称されることがある。また、資料によってはMiG-35、MiG-39、MiG-42、MiG-MFIなどの誤用も散見される。
rdfs:label
  • 1.44 (航空機)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • )
  • border|22x20px1.44 (
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of