Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 1,3,2,4-ジチアジホスフェタン 2,4-ジスルフィド (1,3,2,4-dithiadiphosphetane 2,4-disulfide) は P2S2 環を含む4員環化合物の1つであり、この構造を持つ化合物の多くはジチオジホスフィンイリドの発生源となる。最も良く知られている例はローソン試薬である。多くの誘導体が合成されており、無機化学者たちは Fc2P2S4 (Fc はフェロセニル基を示す)を出発物質や研究対象として用いる。フェロセニル基は赤色に着色しているためカラムクロマトグラフィーで精製しやすいこと、電気化学的性質の検討を行うことができるなどの利点から導入されている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 525905 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2914 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 24 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47034776 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 1,3,2,4-ジチアジホスフェタン 2,4-ジスルフィド (1,3,2,4-dithiadiphosphetane 2,4-disulfide) は P2S2 環を含む4員環化合物の1つであり、この構造を持つ化合物の多くはジチオジホスフィンイリドの発生源となる。最も良く知られている例はローソン試薬である。多くの誘導体が合成されており、無機化学者たちは Fc2P2S4 (Fc はフェロセニル基を示す)を出発物質や研究対象として用いる。フェロセニル基は赤色に着色しているためカラムクロマトグラフィーで精製しやすいこと、電気化学的性質の検討を行うことができるなどの利点から導入されている。
rdfs:label
  • 1,3,2,4-ジチアジホスフェタン 2,4-ジスルフィド
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of