Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 1,1-ジクロロエタンは、ハロゲン系炭化水素に属する有機化合物である。エチリデンジクロリドとも呼ばれる。クロロホルム様の臭気を持つ無色の液体である。水に難溶であるが、ほとんどの有機溶媒には可溶である。各種溶媒や洗浄剤、殺虫燻蒸剤やハロン消火器などにも用いられる。また耐高真空性のゴムの製造や、温度感受性物質の抽出にも用いられる。以前は手術時の吸入麻酔としても用いられていた。400~500°Cで10MPaまで加圧すると、熱分解によりクロロエチレンが生成する。
dbpedia-owl:casNumber
  • 75-34-3
dbpedia-owl:iupacName
  • 1,1-dichloroethane
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 492624 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1105 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 10 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47011396 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:cas登録番号
  • 75 (xsd:integer)
prop-ja:iupac
  • 11 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • 11 (xsd:integer)
prop-ja:smiles
  • CCCl
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:出典
prop-ja:分子式
  • C2H4Cl2
prop-ja:分子量
  • 98.960000 (xsd:double)
prop-ja:密度
  • 1.200000 (xsd:double)
prop-ja:構造式
  • 120 (xsd:integer)
prop-ja:比重
  • 1.200000 (xsd:double)
prop-ja:沸点
  • 57 (xsd:integer)
prop-ja:相対蒸気密度
  • 3.400000 (xsd:double)
prop-ja:融点
  • -98 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 1,1-ジクロロエタンは、ハロゲン系炭化水素に属する有機化合物である。エチリデンジクロリドとも呼ばれる。クロロホルム様の臭気を持つ無色の液体である。水に難溶であるが、ほとんどの有機溶媒には可溶である。各種溶媒や洗浄剤、殺虫燻蒸剤やハロン消火器などにも用いられる。また耐高真空性のゴムの製造や、温度感受性物質の抽出にも用いられる。以前は手術時の吸入麻酔としても用いられていた。400~500°Cで10MPaまで加圧すると、熱分解によりクロロエチレンが生成する。
rdfs:label
  • 1,1-ジクロロエタン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 1,1 - ジクロロエタン
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of