『08/15』は、元ドイツ国防軍の砲兵将校であったハンス・ヘルムート・キルストによって1954年に書かれた、ナチス時代のドイツ国防軍兵士たちの戦前の兵営・戦線・敗戦前後の生活と苦難を描いた三部作の小説であり、戦後ドイツの最初のベストセラーである。日本では1955年に三笠書房から邦訳が出版されている。小説を原作とした3本の映画も製作されている。

Property Value
dbo:abstract
  • 『08/15』は、元ドイツ国防軍の砲兵将校であったハンス・ヘルムート・キルストによって1954年に書かれた、ナチス時代のドイツ国防軍兵士たちの戦前の兵営・戦線・敗戦前後の生活と苦難を描いた三部作の小説であり、戦後ドイツの最初のベストセラーである。日本では1955年に三笠書房から邦訳が出版されている。小説を原作とした3本の映画も製作されている。 (ja)
  • 『08/15』は、元ドイツ国防軍の砲兵将校であったハンス・ヘルムート・キルストによって1954年に書かれた、ナチス時代のドイツ国防軍兵士たちの戦前の兵営・戦線・敗戦前後の生活と苦難を描いた三部作の小説であり、戦後ドイツの最初のベストセラーである。日本では1955年に三笠書房から邦訳が出版されている。小説を原作とした3本の映画も製作されている。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1342006 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 4273 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 68293656 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 『08/15』は、元ドイツ国防軍の砲兵将校であったハンス・ヘルムート・キルストによって1954年に書かれた、ナチス時代のドイツ国防軍兵士たちの戦前の兵営・戦線・敗戦前後の生活と苦難を描いた三部作の小説であり、戦後ドイツの最初のベストセラーである。日本では1955年に三笠書房から邦訳が出版されている。小説を原作とした3本の映画も製作されている。 (ja)
  • 『08/15』は、元ドイツ国防軍の砲兵将校であったハンス・ヘルムート・キルストによって1954年に書かれた、ナチス時代のドイツ国防軍兵士たちの戦前の兵営・戦線・敗戦前後の生活と苦難を描いた三部作の小説であり、戦後ドイツの最初のベストセラーである。日本では1955年に三笠書房から邦訳が出版されている。小説を原作とした3本の映画も製作されている。 (ja)
rdfs:label
  • 08/15 (ja)
  • 08/15 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:notableWork of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of