Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 04式空対空誘導弾(まるよんしきくうたいくうゆうどうだん)は日本の航空自衛隊が装備する短距離空対空ミサイル。開発名称はAAM-5。開発・量産主契約会社は三菱重工業。90式空対空誘導弾(AAM-3)の後継として1991年より開発が開始され、2004年(平成16)に制式承認。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 345690 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3580 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 54 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59078319 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ミサイル全幅
  • 44.0
prop-ja:ミサイル全長
  • 3.105m
prop-ja:ミサイル直径
  • 13.0
prop-ja:ミサイル重量
  • 95.0
prop-ja:価格
  • 5500 (xsd:integer)
prop-ja:信管
  • アクティブ・レーザー近接信管
prop-ja:名称
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:弾頭
  • 指向性弾頭
prop-ja:推進方式
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:種類
prop-ja:設計
prop-ja:誘導方式
  • 中途航程: INS+COLOS
  • 終末航程: 赤外線画像(IIR)
prop-ja:飛翔速度
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 04式空対空誘導弾(まるよんしきくうたいくうゆうどうだん)は日本の航空自衛隊が装備する短距離空対空ミサイル。開発名称はAAM-5。開発・量産主契約会社は三菱重工業。90式空対空誘導弾(AAM-3)の後継として1991年より開発が開始され、2004年(平成16)に制式承認。
rdfs:label
  • 04式空対空誘導弾
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of