Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • チェコ国鉄020号線、別名ヴェルキー・オセク~ホツェニ線(チェコ語;Železniční trať Velký Osek – Choceň)は、チェコ国鉄の鉄道線の名称である。ティーニシチェを境に、東西で歴史が異なる。ティーニシツェ以西は、オーストリア北西部鉄道の路線として、1870~1874年にかけて開業した。一方ティーニシツェ以東は、1875年にオーストリア・ハンガリー国有鉄道の路線として開業した。前者はチェコとポーランドのシロンスク地方、後者はオーストリアとポーランドのシロンスク地方を結ぶ路線として開業したが、現在広域輸送は並行する010号線が担っており、プラハとフラデツ・クラーロヴェーを結ぶローカル路線としての性格が強い。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2999331 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10845 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 74 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56961022 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:lnge
  • 100 (xsd:integer)
prop-ja:neigung
  • 10 (xsd:integer)
prop-ja:spurweite
  • 1435 (xsd:integer)
prop-ja:streckennr
  • 20 (xsd:integer)
prop-ja:stromg
  • 3000.0
prop-ja:vMax
  • 100 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • チェコ国鉄020号線、別名ヴェルキー・オセク~ホツェニ線(チェコ語;Železniční trať Velký Osek – Choceň)は、チェコ国鉄の鉄道線の名称である。ティーニシチェを境に、東西で歴史が異なる。ティーニシツェ以西は、オーストリア北西部鉄道の路線として、1870~1874年にかけて開業した。一方ティーニシツェ以東は、1875年にオーストリア・ハンガリー国有鉄道の路線として開業した。前者はチェコとポーランドのシロンスク地方、後者はオーストリアとポーランドのシロンスク地方を結ぶ路線として開業したが、現在広域輸送は並行する010号線が担っており、プラハとフラデツ・クラーロヴェーを結ぶローカル路線としての性格が強い。
rdfs:label
  • 020号線 (チェコ)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of