Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • .30-06スプリングフィールド弾(30-06スプリングフィールドだん)とは、1906年にアメリカ陸軍が開発し、規格化が行われた弾薬で、1960年代から1970年代初期まで使用された。他の名称には7.62x63mm、ウィンチェスター社では「30 Gov't 06」ともされている。読み方は「thirty-aught-six」もしくは「thirty-oh-six」である。.30とは弾丸の直径を表したもので、また06とは採用年である1906年を示したものである。本弾薬は.30-03弾、6mmリー・ネイビー弾、.30-40クラグ弾を代替した。.30-06弾はアメリカ陸軍の主力小銃および機関銃の弾薬用として50年近く用いられ、7.62x51mm NATO弾(民間用商品名は.308ウィンチェスター弾)および5.56x45mm NATO弾に代替された。この両方の弾薬は現在、アメリカ軍とNATOの任務に使用されている。.30-06スプリングフィールド弾は競技用実包として非常に人気があり、全ての主要メーカーがこの弾薬を製造している。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2766716 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 16243 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 71 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55534142 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:balsrc
  • Federal Cartridge / Accurate Powder
prop-ja:base
  • 0.471000 (xsd:double)
prop-ja:btype
  • パーティション(弾丸内部に隔壁が設けられている)
  • Core-Lokt ソフトポイント
  • ボートテールソフトポイント(略称BTSP)
  • ノスラー バリスティックチップ
  • ラウンドノーズ(蛋形弾、略称RN)
prop-ja:bullet
  • 0.308000 (xsd:double)
prop-ja:bw
  • 150 (xsd:integer)
  • 165 (xsd:integer)
  • 180 (xsd:integer)
  • 200 (xsd:integer)
  • 220 (xsd:integer)
prop-ja:caption
  • ソフトチップ弾頭を装備した.30-06スプリングフィールド弾薬
prop-ja:caseCapacity
  • 68 (xsd:integer)
prop-ja:caseLength
  • 2.494000 (xsd:double)
prop-ja:caseType
  • 無起縁式、ボトルネック形状
prop-ja:designDate
  • 1906 (xsd:integer)
prop-ja:designer
  • アメリカ合衆国軍
prop-ja:en
  • 2820 (xsd:integer)
  • 2872 (xsd:integer)
  • 2913 (xsd:integer)
  • 2932 (xsd:integer)
  • 2981 (xsd:integer)
prop-ja:isSiBallistics
  • no
prop-ja:length
  • 3.340000 (xsd:double)
prop-ja:maxPressure
  • 60200.0
prop-ja:name
  • 0.300000 (xsd:double)
prop-ja:neck
  • 0.340000 (xsd:double)
prop-ja:parent
  • 0.300000 (xsd:double)
prop-ja:primer
  • 大口径小銃用
prop-ja:productionDate
  • 1906 (xsd:integer)
prop-ja:rifling
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:rimDia
  • 0.473000 (xsd:double)
prop-ja:rimThick
  • 0.049000 (xsd:double)
prop-ja:service
  • 1906 (xsd:integer)
prop-ja:shoulder
  • 0.441000 (xsd:double)
prop-ja:testBarrelLength
  • 24 (xsd:integer)
prop-ja:type
  • 小銃
prop-ja:usedBy
  • アメリカ合衆国、その他各国
prop-ja:vel
  • 2500 (xsd:integer)
  • 2569 (xsd:integer)
  • 2700 (xsd:integer)
  • 2800 (xsd:integer)
  • 2910 (xsd:integer)
prop-ja:wars
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • .30-06スプリングフィールド弾(30-06スプリングフィールドだん)とは、1906年にアメリカ陸軍が開発し、規格化が行われた弾薬で、1960年代から1970年代初期まで使用された。他の名称には7.62x63mm、ウィンチェスター社では「30 Gov't 06」ともされている。読み方は「thirty-aught-six」もしくは「thirty-oh-six」である。.30とは弾丸の直径を表したもので、また06とは採用年である1906年を示したものである。本弾薬は.30-03弾、6mmリー・ネイビー弾、.30-40クラグ弾を代替した。.30-06弾はアメリカ陸軍の主力小銃および機関銃の弾薬用として50年近く用いられ、7.62x51mm NATO弾(民間用商品名は.308ウィンチェスター弾)および5.56x45mm NATO弾に代替された。この両方の弾薬は現在、アメリカ軍とNATOの任務に使用されている。.30-06スプリングフィールド弾は競技用実包として非常に人気があり、全ての主要メーカーがこの弾薬を製造している。
rdfs:label
  • .30-06スプリングフィールド弾
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of