(367943) 2012 DA14は、アテン群またはアティラ群に属する直径が約45 m程度の地球近傍小惑星の1つである。2012年2月23日にスペインので発見された。2012 DA14は珍しいL型小惑星であると考えられており、細長い形状をしている。自転周期は約9時間で、このサイズの小惑星にしては自転が比較的遅い。 2013年2月15日、2012 DA14は地表から地球半径の約4.3倍、すなわち27,700 kmという記録的な近さにまで地球に接近した。この地球への接近により、元々アポロ群に分類されていた軌道は大きく乱された。2012 DA14が地球に接近する約16時間前にロシア連邦のチェリャビンスク州へ隕石が大気圏へ突入しているが、隕石の落下方向と2012 DA14の接近方向は異なるため、両者は無関係であるとされている。

Property Value
dbo:abstract
  • (367943) 2012 DA14は、アテン群またはアティラ群に属する直径が約45 m程度の地球近傍小惑星の1つである。2012年2月23日にスペインので発見された。2012 DA14は珍しいL型小惑星であると考えられており、細長い形状をしている。自転周期は約9時間で、このサイズの小惑星にしては自転が比較的遅い。 2013年2月15日、2012 DA14は地表から地球半径の約4.3倍、すなわち27,700 kmという記録的な近さにまで地球に接近した。この地球への接近により、元々アポロ群に分類されていた軌道は大きく乱された。2012 DA14が地球に接近する約16時間前にロシア連邦のチェリャビンスク州へ隕石が大気圏へ突入しているが、隕石の落下方向と2012 DA14の接近方向は異なるため、両者は無関係であるとされている。 (ja)
  • (367943) 2012 DA14は、アテン群またはアティラ群に属する直径が約45 m程度の地球近傍小惑星の1つである。2012年2月23日にスペインので発見された。2012 DA14は珍しいL型小惑星であると考えられており、細長い形状をしている。自転周期は約9時間で、このサイズの小惑星にしては自転が比較的遅い。 2013年2月15日、2012 DA14は地表から地球半径の約4.3倍、すなわち27,700 kmという記録的な近さにまで地球に接近した。この地球への接近により、元々アポロ群に分類されていた軌道は大きく乱された。2012 DA14が地球に接近する約16時間前にロシア連邦のチェリャビンスク州へ隕石が大気圏へ突入しているが、隕石の落下方向と2012 DA14の接近方向は異なるため、両者は無関係であるとされている。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2575584 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 17619 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 77974416 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:アルベド
  • 0.200000 (xsd:double)
  • 0.440000 (xsd:double)
prop-ja:スペクトル分類
  • L・S((仮定)) (ja)
  • L・S((仮定)) (ja)
prop-ja:元期
  • --05-31
prop-ja:公転周期
  • 317.206000 (xsd:double)
  • (0.87 年) (ja)
prop-ja:分類
  • 地球近傍小惑星 (ja)
  • 地球近傍小惑星 (ja)
prop-ja:和名
  • 367943 (xsd:integer)
prop-ja:小惑星番号
  • 367943 (xsd:integer)
prop-ja:
  • 320 (xsd:integer)
prop-ja:平均近点角
  • 301.693000 (xsd:double)
prop-ja:昇交点黄経
  • 146.938000 (xsd:double)
prop-ja:画像サイズ
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像ファイル
  • Radar-2012DA14-Goldstone.jpg (ja)
  • Radar-2012DA14-Goldstone.jpg (ja)
prop-ja:画像説明
  • レーダーによるの連続写真。 (ja)
  • レーダーによるの連続写真。 (ja)
prop-ja:発見日
  • --02-23
prop-ja:発見者
  • ラサグラ天文台 (ja)
  • ラサグラ天文台 (ja)
prop-ja:直径
  • 47 (xsd:integer)
  • 18 m (ja)
  • 45 m (ja)
prop-ja:絶対等級
  • 24 (xsd:integer)
  • 24.400000 (xsd:double)
  • 24.780000 (xsd:double)
  • 25 (xsd:integer)
prop-ja:自転周期
  • 8.950000 (xsd:double)
  • 9.485000 (xsd:double)
  • 11 (xsd:integer)
prop-ja:
  • 小惑星 (ja)
  • 小惑星 (ja)
prop-ja:質量
  • 1.3
prop-ja:軌道の種類
prop-ja:軌道傾斜角
  • 11.609000 (xsd:double)
prop-ja:軌道長半径
  • 0.910000 (xsd:double)
prop-ja:近日点引数
  • 195.504000 (xsd:double)
prop-ja:近日点距離
  • 0.829000 (xsd:double)
prop-ja:遠日点距離
  • 0.992000 (xsd:double)
prop-ja:長短径
  • 2400.0
prop-ja:離心率
  • 0.089000 (xsd:double)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • (367943) 2012 DA14は、アテン群またはアティラ群に属する直径が約45 m程度の地球近傍小惑星の1つである。2012年2月23日にスペインので発見された。2012 DA14は珍しいL型小惑星であると考えられており、細長い形状をしている。自転周期は約9時間で、このサイズの小惑星にしては自転が比較的遅い。 2013年2月15日、2012 DA14は地表から地球半径の約4.3倍、すなわち27,700 kmという記録的な近さにまで地球に接近した。この地球への接近により、元々アポロ群に分類されていた軌道は大きく乱された。2012 DA14が地球に接近する約16時間前にロシア連邦のチェリャビンスク州へ隕石が大気圏へ突入しているが、隕石の落下方向と2012 DA14の接近方向は異なるため、両者は無関係であるとされている。 (ja)
  • (367943) 2012 DA14は、アテン群またはアティラ群に属する直径が約45 m程度の地球近傍小惑星の1つである。2012年2月23日にスペインので発見された。2012 DA14は珍しいL型小惑星であると考えられており、細長い形状をしている。自転周期は約9時間で、このサイズの小惑星にしては自転が比較的遅い。 2013年2月15日、2012 DA14は地表から地球半径の約4.3倍、すなわち27,700 kmという記録的な近さにまで地球に接近した。この地球への接近により、元々アポロ群に分類されていた軌道は大きく乱された。2012 DA14が地球に接近する約16時間前にロシア連邦のチェリャビンスク州へ隕石が大気圏へ突入しているが、隕石の落下方向と2012 DA14の接近方向は異なるため、両者は無関係であるとされている。 (ja)
rdfs:label
  • (367943) 2012 DA14 (ja)
  • (367943) 2012 DA14 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of