Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 龍窯(りゅうよう)は、主として中国の青磁をはじめとした陶磁器生産に用いられた斜面を利用した単室の窯である。いわゆる広義の登り窯のひとつの形態といえる。現在は、韓国、タイ、ベトナムなどでも見られる。窯体は、全体として細長いソーセージ型をしており、煙を出しながら斜面を下る姿、もしくは火が薪によって登る姿が龍に似ていることからこの名称があり、形状にちなんだ別名として「ムカデ窯」とか「蛇窯」と呼ばれることもある。龍窯は、その構造上山がちな場所につくられる。つまり立地条件として地下水の影響を受けずに製品を焼成、乾燥させやすい、自然地形の斜面をそのまま利用して窯を築くことができる、焼成のために用いる木材や製品をつくるための粘土が入手しやすい、農業用地として利用しにくい山地の有効な活用ができ、失敗した場合の廃品の処分についても気兼ねがないという事情がある。揚子江流域に近い浙江省、江蘇省、湖南省や華南地方の広東省、広西省の山がちな地域で良質な粘土が採取できる場所の近くに築かれた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1156950 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5908 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 70 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58866474 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 龍窯(りゅうよう)は、主として中国の青磁をはじめとした陶磁器生産に用いられた斜面を利用した単室の窯である。いわゆる広義の登り窯のひとつの形態といえる。現在は、韓国、タイ、ベトナムなどでも見られる。窯体は、全体として細長いソーセージ型をしており、煙を出しながら斜面を下る姿、もしくは火が薪によって登る姿が龍に似ていることからこの名称があり、形状にちなんだ別名として「ムカデ窯」とか「蛇窯」と呼ばれることもある。龍窯は、その構造上山がちな場所につくられる。つまり立地条件として地下水の影響を受けずに製品を焼成、乾燥させやすい、自然地形の斜面をそのまま利用して窯を築くことができる、焼成のために用いる木材や製品をつくるための粘土が入手しやすい、農業用地として利用しにくい山地の有効な活用ができ、失敗した場合の廃品の処分についても気兼ねがないという事情がある。揚子江流域に近い浙江省、江蘇省、湖南省や華南地方の広東省、広西省の山がちな地域で良質な粘土が採取できる場所の近くに築かれた。
rdfs:label
  • 龍窯
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of