Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 黹部(ちぶ)は、漢字を部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では204番目に置かれる(12画の4番目、亥集の18番目)。「黹」字は針と糸による衣服や布の縫いとり・刺繍を意味する。その字形について『説文解字』は「㡀」(「幣」の左上の字、破れた衣の意)と「丵」(「叢」から「取」を除いた部分の字、草むらの意)の会意文字とする。また金文など古文字の研究からは、衣架に掛けられた衣服に縫いとりのある形に象るといった説もある。偏旁の意符としては縫いとりや刺繍に関することを示す。黹部はこのような意符を構成要素にもつ漢字を収録している。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1162301 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1421 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 34 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47039701 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 黹部(ちぶ)は、漢字を部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では204番目に置かれる(12画の4番目、亥集の18番目)。「黹」字は針と糸による衣服や布の縫いとり・刺繍を意味する。その字形について『説文解字』は「㡀」(「幣」の左上の字、破れた衣の意)と「丵」(「叢」から「取」を除いた部分の字、草むらの意)の会意文字とする。また金文など古文字の研究からは、衣架に掛けられた衣服に縫いとりのある形に象るといった説もある。偏旁の意符としては縫いとりや刺繍に関することを示す。黹部はこのような意符を構成要素にもつ漢字を収録している。
rdfs:label
  • 黹部
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of