Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 黒玉(こくぎょく、jet)は、水中で長い年月を経て化石化した樹木。琥珀のような樹脂ではなく、樹木の幹そのものの化石である。非常に軟らかく、軽い。独特の柔らかい光沢をもつ。一般的に、ジェット (Jet) と呼ばれる。英単語での綴りまでジェットエンジンなどの噴流を意味するジェットと同じなのでややこしい。夫のアルバート公を亡くしたイギリスのヴィクトリア女王が長い喪に服した折、服喪用ジュエリーとして用いたことで名高い。女王が自らに謁見する女性にもジェットを身につけることを奨励したため、イギリス貴族女性の間で大流行した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 497616 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 845 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 18 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58214706 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 黒玉(こくぎょく、jet)は、水中で長い年月を経て化石化した樹木。琥珀のような樹脂ではなく、樹木の幹そのものの化石である。非常に軟らかく、軽い。独特の柔らかい光沢をもつ。一般的に、ジェット (Jet) と呼ばれる。英単語での綴りまでジェットエンジンなどの噴流を意味するジェットと同じなのでややこしい。夫のアルバート公を亡くしたイギリスのヴィクトリア女王が長い喪に服した折、服喪用ジュエリーとして用いたことで名高い。女王が自らに謁見する女性にもジェットを身につけることを奨励したため、イギリス貴族女性の間で大流行した。
rdfs:label
  • 黒玉
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of