Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 黒澤 明(くろさわ あきら、新字体:黒沢明、1910年3月23日 - 1998年9月6日)は、日本の映画監督、脚本家、映画製作者。妻は元女優の矢口陽子。映画史の中で最も重要かつ影響力のある映画監督の一人であり、ダイナミックな映像表現とヒューマニズムに徹した作風で、『羅生門』『生きる』『七人の侍』など30本の監督作品を生み出した。小津安二郎、溝口健二、成瀬巳喜男らと共に世界的にその名が知られており、作品もアカデミー賞と世界三大映画祭(ヴェネツィア、カンヌ、ベルリン)で受賞され、多大な評価を得ている。また、北野武、スティーブン・スピルバーグ、ジョージ・ルーカス、フランシス・フォード・コッポラなどの映画人にも大きな影響を与えており、「世界のクロサワ」と呼ばれた。映画監督として初めて文化勲章と国民栄誉賞に選出。ほかの栄典・称号に文化功労者、従三位、東京都名誉都民など。1990年に日本人初のアカデミー賞名誉賞を受賞。1999年には米週刊誌『タイム』アジア版の「今世紀最も影響力のあったアジアの20人」に選出されている。米国映画芸術科学アカデミー会員。
dbpedia-owl:birthYear
  • 1910-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathYear
  • 1998-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:notableWork
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1970 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 37217 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 818 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59226545 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:text
  • この記事の項目名には分野により以下のような表記揺れがあります。
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:その他の賞
  • 1947 (xsd:integer)
  • 1952 (xsd:integer)
  • 1959 (xsd:integer)
  • 1963 (xsd:integer)
  • 1980 (xsd:integer)
  • 1985 (xsd:integer)
  • 1998 (xsd:integer)
  • 毎日映画コンクール
  • 特別賞
  • 監督賞
  • 脚本賞
  • 銀熊賞 (監督賞)
prop-ja:ふりがな
  • くろさわ あきら
prop-ja:アカデミー賞
  • 1990 (xsd:integer)
  • 名誉賞
prop-ja:ブルーリボン賞
  • 1950 (xsd:integer)
  • 1998 (xsd:integer)
  • 特別賞
  • 脚本賞
prop-ja:主な作品
  • 『七人の侍』
  • 『乱』
  • 『天国と地獄』
  • 『生きる』
  • 『用心棒』
  • 『羅生門』
  • 『赤ひげ』
prop-ja:出生地
  • ・東京府荏原郡大井町(現在の東京都品川区)
prop-ja:日本アカデミー賞
  • 1998 (xsd:integer)
  • 2000 (xsd:integer)
  • 協会栄誉賞
  • 最優秀脚本賞
prop-ja:死没地
  • ・東京都世田谷区成城
prop-ja:没年
  • 1998 (xsd:integer)
prop-ja:没日
  • 6 (xsd:integer)
prop-ja:没月
  • 9 (xsd:integer)
prop-ja:活動内容
  • 1936 (xsd:integer)
  • 1943 (xsd:integer)
  • 1948 (xsd:integer)
  • 1951 (xsd:integer)
  • 1959 (xsd:integer)
  • 1969 (xsd:integer)
  • 1985 (xsd:integer)
prop-ja:活動期間
  • 1936 (xsd:integer)
prop-ja:生年
  • 1910 (xsd:integer)
prop-ja:生日
  • 23 (xsd:integer)
prop-ja:生月
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:画像コメント
  • 1953 (xsd:integer)
prop-ja:画像ファイル
  • Akirakurosawa-onthesetof7samurai-1953-page88.jpg
prop-ja:職業
prop-ja:芸名
  • 黒澤 明
prop-ja:英国アカデミー賞
  • 1980 (xsd:integer)
  • 監督賞
prop-ja:著名な家族
  • 兄:須田貞明(活動弁士)
  • 長女:黒澤和子
  • 長男:黒澤久雄
prop-ja:表記
  • 黒澤明
  • 黑澤明
  • 黒沢明
prop-ja:議論ページ
prop-ja:配偶者
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 黒澤 明(くろさわ あきら、新字体:黒沢明、1910年3月23日 - 1998年9月6日)は、日本の映画監督、脚本家、映画製作者。妻は元女優の矢口陽子。映画史の中で最も重要かつ影響力のある映画監督の一人であり、ダイナミックな映像表現とヒューマニズムに徹した作風で、『羅生門』『生きる』『七人の侍』など30本の監督作品を生み出した。小津安二郎、溝口健二、成瀬巳喜男らと共に世界的にその名が知られており、作品もアカデミー賞と世界三大映画祭(ヴェネツィア、カンヌ、ベルリン)で受賞され、多大な評価を得ている。また、北野武、スティーブン・スピルバーグ、ジョージ・ルーカス、フランシス・フォード・コッポラなどの映画人にも大きな影響を与えており、「世界のクロサワ」と呼ばれた。映画監督として初めて文化勲章と国民栄誉賞に選出。ほかの栄典・称号に文化功労者、従三位、東京都名誉都民など。1990年に日本人初のアカデミー賞名誉賞を受賞。1999年には米週刊誌『タイム』アジア版の「今世紀最も影響力のあったアジアの20人」に選出されている。米国映画芸術科学アカデミー会員。
rdfs:label
  • 黒澤明
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • くろさわ あきら
  • 黒澤 明
is dbpedia-owl:basedOn of
is dbpedia-owl:director of
is dbpedia-owl:editing of
is dbpedia-owl:producer of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is dbpedia-owl:writer of
is prop-ja:influences of
is prop-ja:writer of
is prop-ja:原作 of
is prop-ja:原案 of
is prop-ja:監督 of
is prop-ja:脚本 of
is prop-ja:著名な家族 of
is prop-ja:製作 of
is prop-ja:配偶者 of
is prop-ja:関係する人物 of
is foaf:primaryTopic of