黒澤 明(くろさわ あきら、新字体:黒沢、1910年(明治43年)3月23日 - 1998年(平成10年)9月6日)は、日本の映画監督、脚本家。戦後の日本映画を代表する監督のひとりで、世界的に最も有名な日本人監督である。代表作に『羅生門』(1950年)、『生きる』(1952年)、『七人の侍』(1954年)、『蜘蛛巣城』(1957年)、『用心棒』(1961年)、『乱』(1985年)など。妻は女優の矢口陽子。 1936年にP.C.L.映画製作所(1937年に東宝に合併)に入社。山本嘉次郎の助監督や脚本家を務めたのち、1943年に『姿三四郎』で監督デビューした。1951年に『羅生門』でヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を受賞し、日本映画が国際的に認知されるきっかけとなった。『羅生門』と『七人の侍』は国外での知名度が高く、ハリウッドでも多くのリメイクが作られた。晩年は海外の映画製作者の資金調達で『影武者』(1980年)や『乱』を完成させ、海外で多くの映画賞を受賞した。またソビエト連邦に招かれて『デルス・ウザーラ』(1975年)を作り、ソ連代表作品としてアカデミー外国語映画賞を受賞した。

Property Value
dbo:abstract
  • 黒澤 明(くろさわ あきら、新字体:黒沢、1910年(明治43年)3月23日 - 1998年(平成10年)9月6日)は、日本の映画監督、脚本家。戦後の日本映画を代表する監督のひとりで、世界的に最も有名な日本人監督である。代表作に『羅生門』(1950年)、『生きる』(1952年)、『七人の侍』(1954年)、『蜘蛛巣城』(1957年)、『用心棒』(1961年)、『乱』(1985年)など。妻は女優の矢口陽子。 1936年にP.C.L.映画製作所(1937年に東宝に合併)に入社。山本嘉次郎の助監督や脚本家を務めたのち、1943年に『姿三四郎』で監督デビューした。1951年に『羅生門』でヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を受賞し、日本映画が国際的に認知されるきっかけとなった。『羅生門』と『七人の侍』は国外での知名度が高く、ハリウッドでも多くのリメイクが作られた。晩年は海外の映画製作者の資金調達で『影武者』(1980年)や『乱』を完成させ、海外で多くの映画賞を受賞した。またソビエト連邦に招かれて『デルス・ウザーラ』(1975年)を作り、ソ連代表作品としてアカデミー外国語映画賞を受賞した。 黒澤映画はヒューマニズムに徹した作風、ダイナミックな映像表現、やパンフォーカスなどを使用した画期的な撮影スタイルで知られる。また大きなセットを組み立てたり、リハーサルを徹底した演技指導を行うなど、完璧主義で妥協を許さない演出でも知られる。生涯で30本の監督作品があるが、そのうち16本で三船敏郎とコンビを組んでいる。 海外ではマカロニ・ウエスタンやアメリカン・ニューシネマ、アンドレイ・タルコフスキー、スティーヴン・スピルバーグ、ジョージ・ルーカス、フランシス・フォード・コッポラなどの監督に大きな影響を与えた。1990年に日本人で初めてアカデミー名誉賞を受賞し、1999年には『タイム』アジア版の「今世紀最も影響力のあったアジアの20人」に選出されている。文化勲章受章、文化功労者顕彰、東京都名誉都民選出、贈従三位(没時叙位)、贈国民栄誉賞(没後追贈)。 (ja)
  • 黒澤 明(くろさわ あきら、新字体:黒沢、1910年(明治43年)3月23日 - 1998年(平成10年)9月6日)は、日本の映画監督、脚本家。戦後の日本映画を代表する監督のひとりで、世界的に最も有名な日本人監督である。代表作に『羅生門』(1950年)、『生きる』(1952年)、『七人の侍』(1954年)、『蜘蛛巣城』(1957年)、『用心棒』(1961年)、『乱』(1985年)など。妻は女優の矢口陽子。 1936年にP.C.L.映画製作所(1937年に東宝に合併)に入社。山本嘉次郎の助監督や脚本家を務めたのち、1943年に『姿三四郎』で監督デビューした。1951年に『羅生門』でヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を受賞し、日本映画が国際的に認知されるきっかけとなった。『羅生門』と『七人の侍』は国外での知名度が高く、ハリウッドでも多くのリメイクが作られた。晩年は海外の映画製作者の資金調達で『影武者』(1980年)や『乱』を完成させ、海外で多くの映画賞を受賞した。またソビエト連邦に招かれて『デルス・ウザーラ』(1975年)を作り、ソ連代表作品としてアカデミー外国語映画賞を受賞した。 黒澤映画はヒューマニズムに徹した作風、ダイナミックな映像表現、やパンフォーカスなどを使用した画期的な撮影スタイルで知られる。また大きなセットを組み立てたり、リハーサルを徹底した演技指導を行うなど、完璧主義で妥協を許さない演出でも知られる。生涯で30本の監督作品があるが、そのうち16本で三船敏郎とコンビを組んでいる。 海外ではマカロニ・ウエスタンやアメリカン・ニューシネマ、アンドレイ・タルコフスキー、スティーヴン・スピルバーグ、ジョージ・ルーカス、フランシス・フォード・コッポラなどの監督に大きな影響を与えた。1990年に日本人で初めてアカデミー名誉賞を受賞し、1999年には『タイム』アジア版の「今世紀最も影響力のあったアジアの20人」に選出されている。文化勲章受章、文化功労者顕彰、東京都名誉都民選出、贈従三位(没時叙位)、贈国民栄誉賞(没後追贈)。 (ja)
dbo:academyAward
dbo:birthYear
  • 1910-01-01 (xsd:gYear)
dbo:deathYear
  • 1998-01-01 (xsd:gYear)
dbo:notableWork
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1970 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 87757 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81597833 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:alt
  • 三船敏郎 (ja)
  • 志村喬 (ja)
  • 三船敏郎 (ja)
  • 志村喬 (ja)
prop-ja:footer
prop-ja:image
prop-ja:text
  • この記事の項目名には分野により以下のような表記揺れがあります。 (ja)
  • この記事の項目名には分野により以下のような表記揺れがあります。 (ja)
prop-ja:title
  • 受賞 (ja)
  • 受賞 (ja)
prop-ja:topic
  • 第58回アカデミー賞 (ja)
  • 第62回アカデミー賞 (ja)
  • 第58回アカデミー賞 (ja)
  • 第62回アカデミー賞 (ja)
prop-ja:totalWidth
  • 280 (xsd:integer)
prop-ja:video
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:その他の賞
  • 1951 (xsd:integer)
  • 1985 (xsd:integer)
  • 1992 (xsd:integer)
  • 外国語映画賞 (ja)
  • 監督賞 (ja)
  • ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 (ja)
  • D・W・グリフィス賞 (ja)
prop-ja:ふりがな
  • くろさわ あきら (ja)
  • くろさわ あきら (ja)
prop-ja:アカデミー賞
  • 1975 (xsd:integer)
  • 1989 (xsd:integer)
  • 外国語映画賞 (ja)
  • 名誉賞 (ja)
prop-ja:カンヌ国際映画祭
  • 1980 (xsd:integer)
  • パルム・ドール (ja)
prop-ja:ジャンル
prop-ja:セザール賞
  • 1980 (xsd:integer)
  • 外国映画賞 (ja)
prop-ja:ニューヨーク映画批評家協会賞
  • 1985 (xsd:integer)
  • 外国語映画賞 (ja)
prop-ja:ブルーリボン賞
  • 1950 (xsd:integer)
  • 1958 (xsd:integer)
  • 1965 (xsd:integer)
  • 1980 (xsd:integer)
  • 1985 (xsd:integer)
  • 1998 (xsd:integer)
  • 特別賞 (ja)
  • 脚本賞 (ja)
  • 作品賞 (ja)
  • 監督賞 (ja)
prop-ja:ベルリン国際映画祭
  • 1954 (xsd:integer)
  • 1959 (xsd:integer)
  • 国際映画批評家連盟賞 (ja)
  • 銀熊賞 (監督賞) (ja)
  • ベルリン市政府特別賞 (ja)
prop-ja:ロサンゼルス映画批評家協会賞
  • 1985 (xsd:integer)
  • 外国語映画賞 (ja)
  • 生涯功労賞 (ja)
prop-ja:ヴェネツィア国際映画祭
  • 1951 (xsd:integer)
  • 1954 (xsd:integer)
  • 1965 (xsd:integer)
  • 1971 (xsd:integer)
  • 1982 (xsd:integer)
  • 金獅子賞 (ja)
  • 栄誉金獅子賞 (ja)
  • 銀獅子賞 (ja)
  • 国際カトリック映画事務局賞 (ja)
  • イタリア批評家賞 (ja)
  • サン・ジョルジョ賞 (ja)
prop-ja:主な作品
  • 『醉いどれ天使』(1948年) (ja)
  • 『七人の侍』(1954年) (ja)
  • 『生きる』(1952年) (ja)
  • 『デルス・ウザーラ』(1975年) (ja)
  • 『乱』(1985年) (ja)
  • 『天国と地獄』(1963年) (ja)
  • 『影武者』(1980年) (ja)
  • 『用心棒』(1961年) (ja)
  • 『羅生門』(1950年) (ja)
  • 『蜘蛛巣城』(1957年) (ja)
  • 『赤ひげ』(1965年) (ja)
  • 『野良犬』(1949年) (ja)
  • 『醉いどれ天使』(1948年) (ja)
  • 『七人の侍』(1954年) (ja)
  • 『生きる』(1952年) (ja)
  • 『デルス・ウザーラ』(1975年) (ja)
  • 『乱』(1985年) (ja)
  • 『天国と地獄』(1963年) (ja)
  • 『影武者』(1980年) (ja)
  • 『用心棒』(1961年) (ja)
  • 『羅生門』(1950年) (ja)
  • 『蜘蛛巣城』(1957年) (ja)
  • 『赤ひげ』(1965年) (ja)
  • 『野良犬』(1949年) (ja)
prop-ja:備考
  • 文化勲章(1985年) (ja)
  • 文化功労者(1976年) (ja)
  • 国民栄誉賞(1998年) (ja)
  • 従三位(1998年) (ja)
  • 文化勲章(1985年) (ja)
  • 文化功労者(1976年) (ja)
  • 国民栄誉賞(1998年) (ja)
  • 従三位(1998年) (ja)
prop-ja:全米映画批評家協会賞
  • 1985 (xsd:integer)
  • 作品賞 (ja)
prop-ja:出生地
  • ・東京府荏原郡大井町(現在の東京都品川区東大井) (ja)
  • ・東京府荏原郡大井町(現在の東京都品川区東大井) (ja)
prop-ja:日本アカデミー賞
  • 1998 (xsd:integer)
  • 2000 (xsd:integer)
  • 最優秀脚本賞 (ja)
  • 協会栄誉賞 (ja)
prop-ja:死没地
  • ・東京都世田谷区成城 (ja)
  • ・東京都世田谷区成城 (ja)
prop-ja:没年
  • 1998 (xsd:integer)
prop-ja:没日
  • 6 (xsd:integer)
prop-ja:没月
  • 9 (xsd:integer)
prop-ja:活動期間
  • 1943 (xsd:integer)
prop-ja:生年
  • 1910 (xsd:integer)
prop-ja:生日
  • 23 (xsd:integer)
prop-ja:生月
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:画像コメント
  • 1953 (xsd:integer)
prop-ja:画像ファイル
  • Akirakurosawa-onthesetof7samurai-1953-page88.jpg (ja)
  • Akirakurosawa-onthesetof7samurai-1953-page88.jpg (ja)
prop-ja:職業
prop-ja:芸名
  • 黒澤 明 (ja)
  • 黒澤 明 (ja)
prop-ja:英国アカデミー賞
  • 1980 (xsd:integer)
  • 1985 (xsd:integer)
  • 監督賞 (ja)
  • 外国語作品賞 (ja)
prop-ja:著名な家族
  • 兄:須田貞明(活動弁士) (ja)
  • 孫婿:松岡充(歌手) (ja)
  • 孫:加藤隆之(俳優) (ja)
  • 孫:黒澤優(元女優) (ja)
  • 長女:黒澤和子(デザイナー) (ja)
  • 長男:黒澤久雄(タレント、歌手) (ja)
  • 兄:須田貞明(活動弁士) (ja)
  • 孫婿:松岡充(歌手) (ja)
  • 孫:加藤隆之(俳優) (ja)
  • 孫:黒澤優(元女優) (ja)
  • 長女:黒澤和子(デザイナー) (ja)
  • 長男:黒澤久雄(タレント、歌手) (ja)
prop-ja:表記
  • 黒澤明 (ja)
  • 黑澤明 (ja)
  • 黒沢明 (ja)
  • 黒澤明 (ja)
  • 黑澤明 (ja)
  • 黒沢明 (ja)
prop-ja:議論ページ
prop-ja:配偶者
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 黒澤 明(くろさわ あきら、新字体:黒沢、1910年(明治43年)3月23日 - 1998年(平成10年)9月6日)は、日本の映画監督、脚本家。戦後の日本映画を代表する監督のひとりで、世界的に最も有名な日本人監督である。代表作に『羅生門』(1950年)、『生きる』(1952年)、『七人の侍』(1954年)、『蜘蛛巣城』(1957年)、『用心棒』(1961年)、『乱』(1985年)など。妻は女優の矢口陽子。 1936年にP.C.L.映画製作所(1937年に東宝に合併)に入社。山本嘉次郎の助監督や脚本家を務めたのち、1943年に『姿三四郎』で監督デビューした。1951年に『羅生門』でヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を受賞し、日本映画が国際的に認知されるきっかけとなった。『羅生門』と『七人の侍』は国外での知名度が高く、ハリウッドでも多くのリメイクが作られた。晩年は海外の映画製作者の資金調達で『影武者』(1980年)や『乱』を完成させ、海外で多くの映画賞を受賞した。またソビエト連邦に招かれて『デルス・ウザーラ』(1975年)を作り、ソ連代表作品としてアカデミー外国語映画賞を受賞した。 (ja)
  • 黒澤 明(くろさわ あきら、新字体:黒沢、1910年(明治43年)3月23日 - 1998年(平成10年)9月6日)は、日本の映画監督、脚本家。戦後の日本映画を代表する監督のひとりで、世界的に最も有名な日本人監督である。代表作に『羅生門』(1950年)、『生きる』(1952年)、『七人の侍』(1954年)、『蜘蛛巣城』(1957年)、『用心棒』(1961年)、『乱』(1985年)など。妻は女優の矢口陽子。 1936年にP.C.L.映画製作所(1937年に東宝に合併)に入社。山本嘉次郎の助監督や脚本家を務めたのち、1943年に『姿三四郎』で監督デビューした。1951年に『羅生門』でヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を受賞し、日本映画が国際的に認知されるきっかけとなった。『羅生門』と『七人の侍』は国外での知名度が高く、ハリウッドでも多くのリメイクが作られた。晩年は海外の映画製作者の資金調達で『影武者』(1980年)や『乱』を完成させ、海外で多くの映画賞を受賞した。またソビエト連邦に招かれて『デルス・ウザーラ』(1975年)を作り、ソ連代表作品としてアカデミー外国語映画賞を受賞した。 (ja)
rdfs:label
  • 黒澤明 (ja)
  • 黒澤明 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • くろさわ あきら (ja)
  • 黒澤 明 (ja)
  • くろさわ あきら (ja)
  • 黒澤 明 (ja)
is dbo:basedOn of
is dbo:director of
is dbo:editing of
is dbo:influencedBy of
is dbo:producer of
is dbo:storyEditor of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is dbo:writer of
is prop-ja:influences of
is prop-ja:lyrics of
is prop-ja:writer of
is prop-ja:原作 of
is prop-ja:原案 of
is prop-ja:監督 of
is prop-ja:脚本 of
is prop-ja:著名な家族 of
is prop-ja:配偶者 of
is prop-ja:関係する人物 of
is foaf:primaryTopic of