Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 「黒くぬれ!」 (Paint It, Black) は、ローリング・ストーンズの1966年のシングル。ジャガー=リチャーズ作詞作曲。イギリス、アメリカ両国でシングルチャートの1位を記録した。イギリスではシングルで、アメリカでは『アフターマス』に収録されリリースされた。「ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500」において、174位にランクイン。ローリング・ストーンズが本格的にシタールを取り入れた最初の事例として知られる。シタールを弾いているのはブライアン・ジョーンズで、『エド・サリヴァン・ショー』に出演した際にも、彼は座ってシタールを弾いていた。キース・リチャーズは「17世紀のファンキーなソナタとしては素晴らしい」と語っている。ライブでは長年演奏されてこなかったが、1989年のスティール・ホィールズ・ツアー頃から演奏されるようになり、その模様はライヴ・アルバム『フラッシュポイント』にも収録されている。また、映画『フルメタル・ジャケット』にも使われているほか、多くのミュージシャンがカバーしている。
dbpedia-owl:album
dbpedia-owl:artist
dbpedia-owl:bSide
  • 「ステュピッド・ガール」(US)
  • 「ロング、ロング・ホワイル」(UK)
dbpedia-owl:genre
dbpedia-owl:position
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:previousWork
dbpedia-owl:producer
dbpedia-owl:recordLabel
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:title
  • 黒くぬれ!
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1890549 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2707 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 75 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57544478 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-owl:writer
prop-ja:after
prop-ja:artist
prop-ja:bSide
  • 「ステュピッド・ガール」
  • 「ロング、ロング・ホワイル」
prop-ja:before
prop-ja:chartPosition
  • * #1 * #1
prop-ja:format
  • シングル
prop-ja:fromAlbum
prop-ja:genre
prop-ja:label
  • ABKCO
  • Decca
prop-ja:lastSingle
  • "19回目の神経衰弱"
prop-ja:length
  • 225.0
  • 202.0
prop-ja:name
  • 黒くぬれ!
prop-ja:nextSingle
  • "マザーズ・リトル・ヘルパー"
prop-ja:producer
prop-ja:recorded
  • --03-06
prop-ja:released
  • --05-07
  • --05-13
prop-ja:thisSingle
  • "黒くぬれ!"
prop-ja:title
  • Billboard Hot 100 1位獲得作品
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:writer
  • ジャガー=リチャーズ
prop-ja:years
  • --06-11
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 「黒くぬれ!」 (Paint It, Black) は、ローリング・ストーンズの1966年のシングル。ジャガー=リチャーズ作詞作曲。イギリス、アメリカ両国でシングルチャートの1位を記録した。イギリスではシングルで、アメリカでは『アフターマス』に収録されリリースされた。「ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500」において、174位にランクイン。ローリング・ストーンズが本格的にシタールを取り入れた最初の事例として知られる。シタールを弾いているのはブライアン・ジョーンズで、『エド・サリヴァン・ショー』に出演した際にも、彼は座ってシタールを弾いていた。キース・リチャーズは「17世紀のファンキーなソナタとしては素晴らしい」と語っている。ライブでは長年演奏されてこなかったが、1989年のスティール・ホィールズ・ツアー頃から演奏されるようになり、その模様はライヴ・アルバム『フラッシュポイント』にも収録されている。また、映画『フルメタル・ジャケット』にも使われているほか、多くのミュージシャンがカバーしている。
rdfs:label
  • 黒くぬれ!
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:openingTheme of
is dbpedia-owl:previousWork of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:lastSingle of
is prop-ja:nextSingle of
is prop-ja:opテーマ of
is foaf:primaryTopic of