Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 黄 小娥(こう しょうが、1913年1月12日 - )は、熊本県出身の易者である。1950年代半ば頃より、「謎の美人易者」をキャッチフレーズに活躍。1961年にカッパブックスより出版された『易入門』は、48万部を超える大ベストセラーとなった。『易入門』はその後絶版となり、占いファンの中には古本屋を探すなど苦労して入手しようとする者もいた。しかし、復刊を望む声が高まり、1987年に光文社文庫で文庫化され、2004年にサンマーク出版よりタイトルに著者の名を入れて復刊された。最盛期の彼女は、東京・四谷のアパートに事務所を構え、一般の人からの相談はもちろん、新聞記者や雑誌記者などからの難解な事件の行方・芸能人の動向などの相談にも乗るほどの人気ぶりであった。作家の高木彬光は黄の大ファンで、『易入門』に推薦文を寄せるだけでなく、自ら易の本まで書いてしまったほどである。1980年代半ば、四谷のアパートを引き払い、熊本に帰郷。現在は公には占い師としての活動はしていないが、復刊された「黄小娥の易入門」には寄稿している。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 366266 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1557 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 44 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54065009 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 黄 小娥(こう しょうが、1913年1月12日 - )は、熊本県出身の易者である。1950年代半ば頃より、「謎の美人易者」をキャッチフレーズに活躍。1961年にカッパブックスより出版された『易入門』は、48万部を超える大ベストセラーとなった。『易入門』はその後絶版となり、占いファンの中には古本屋を探すなど苦労して入手しようとする者もいた。しかし、復刊を望む声が高まり、1987年に光文社文庫で文庫化され、2004年にサンマーク出版よりタイトルに著者の名を入れて復刊された。最盛期の彼女は、東京・四谷のアパートに事務所を構え、一般の人からの相談はもちろん、新聞記者や雑誌記者などからの難解な事件の行方・芸能人の動向などの相談にも乗るほどの人気ぶりであった。作家の高木彬光は黄の大ファンで、『易入門』に推薦文を寄せるだけでなく、自ら易の本まで書いてしまったほどである。1980年代半ば、四谷のアパートを引き払い、熊本に帰郷。現在は公には占い師としての活動はしていないが、復刊された「黄小娥の易入門」には寄稿している。
rdfs:label
  • 黄小娥
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of