Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『鹿鼎記』(ろくていき、簡体字:鹿鼎记、拼音: Lùdǐngjì)は、金庸の武俠小説。金庸自身も記しているが、むしろ歴史小説としての色彩が強い。金庸はこの作品の完成後に断筆しているため、現時点において彼の最後の武俠小説となっている。『碧血剣』の続編的な作品であり、これに若干の登場人物に重複が見られる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1536262 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6821 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 125 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59240795 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『鹿鼎記』(ろくていき、簡体字:鹿鼎记、拼音: Lùdǐngjì)は、金庸の武俠小説。金庸自身も記しているが、むしろ歴史小説としての色彩が強い。金庸はこの作品の完成後に断筆しているため、現時点において彼の最後の武俠小説となっている。『碧血剣』の続編的な作品であり、これに若干の登場人物に重複が見られる。
rdfs:label
  • 鹿鼎記
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:notableWork of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:主な作品 of
is prop-ja:小説 of
is foaf:primaryTopic of