Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 鹿児島茶(かごしまちゃ)は、鹿児島県で栽培されている茶である。鹿児島県は静岡県に次いで荒茶生産量が日本第2位である。鹿児島茶の多くは他産地のブレンド用として流通していたが、「緑茶の表示基準」が徹底されてきた最近では独自ブランドとしての知名度が高くなってきている。1992年頃より「かごしま茶」というブランド名が用いられるようになった。世間一般では、『日本三大茶』(一般的には静岡茶、宇治茶、狭山茶を指す事が多い)とする事は殆どないが、狭山茶は生産量が静岡茶、宇治茶と比べかなり少ない為、狭山茶の代わりに鹿児島茶を指す場合がある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1460162 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1971 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 40 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55113004 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 鹿児島茶(かごしまちゃ)は、鹿児島県で栽培されている茶である。鹿児島県は静岡県に次いで荒茶生産量が日本第2位である。鹿児島茶の多くは他産地のブレンド用として流通していたが、「緑茶の表示基準」が徹底されてきた最近では独自ブランドとしての知名度が高くなってきている。1992年頃より「かごしま茶」というブランド名が用いられるようになった。世間一般では、『日本三大茶』(一般的には静岡茶、宇治茶、狭山茶を指す事が多い)とする事は殆どないが、狭山茶は生産量が静岡茶、宇治茶と比べかなり少ない為、狭山茶の代わりに鹿児島茶を指す場合がある。
rdfs:label
  • 鹿児島茶
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of