Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 「鷹」(たか)は、俳誌。1964年7月に東京から創刊。「馬酔木」で活躍していた相馬遷子、堀口星眠、千代田葛彦、古賀まり子、藤田湘子らが集まり、湘子を発起人代表とする同人誌として出発。「馬酔木」の衛星誌として馬酔木俳句の新生面開拓・底辺拡大を目的として創刊されたが、「馬酔木」からは「鷹」の活動は認められず、1968年2月に湘子は「馬酔木」同人を辞し、他の発起同人は「鷹」を去る。以後は湘子の主宰誌となり、有期定型を基盤としつつ個性重視・実力主義の方針で活動。結社内の賞として鷹俳句賞(1966年開始)、鷹新人賞(1973年開始)などを開催し多数の実力派俳人を輩出する。結社活動の活性化を期し、1996年4月号で第二次「鷹」を発足、地方の小句会「五人会」制を導入し結社の体質改革を図った。2005年4月に湘子が逝去し、小川軽舟が二代目主宰に就任、高柳克弘が25歳の若さで編集長に就いた。2006年4月号で通巻500号に到達。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2994439 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 936 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 30 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54901614 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 「鷹」(たか)は、俳誌。1964年7月に東京から創刊。「馬酔木」で活躍していた相馬遷子、堀口星眠、千代田葛彦、古賀まり子、藤田湘子らが集まり、湘子を発起人代表とする同人誌として出発。「馬酔木」の衛星誌として馬酔木俳句の新生面開拓・底辺拡大を目的として創刊されたが、「馬酔木」からは「鷹」の活動は認められず、1968年2月に湘子は「馬酔木」同人を辞し、他の発起同人は「鷹」を去る。以後は湘子の主宰誌となり、有期定型を基盤としつつ個性重視・実力主義の方針で活動。結社内の賞として鷹俳句賞(1966年開始)、鷹新人賞(1973年開始)などを開催し多数の実力派俳人を輩出する。結社活動の活性化を期し、1996年4月号で第二次「鷹」を発足、地方の小句会「五人会」制を導入し結社の体質改革を図った。2005年4月に湘子が逝去し、小川軽舟が二代目主宰に就任、高柳克弘が25歳の若さで編集長に就いた。2006年4月号で通巻500号に到達。
rdfs:label
  • 鷹 (雑誌)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of