鶏卵(けいらん)は、ニワトリ(鶏)の卵である。世界の多くの地域で加熱調理して食用とされ、日本などでは生食もされる。殻(卵殻)を割った中身は黄身(卵黄)と白身(卵白)に分かれている。生の卵を溶いたものを「溶き卵」と言う。 一般的に食用とする鳥類の卵は国・地域によって異なり、カモ、ガチョウ、ダチョウ、カモメ、ホロホロチョウ、キジ科、エミューなど様々な卵が使われる。日本においては、卵といえば、鶏卵を指す。一般に入手しやすい鳥類の卵としては他にウズラの卵ぐらいしかないが、東アジアや東南アジアでは、アヒルの卵もごく一般的で、他にハトの卵もあり、用途に応じて使い分けられている。

Property Value
dbo:abstract
  • 鶏卵(けいらん)は、ニワトリ(鶏)の卵である。世界の多くの地域で加熱調理して食用とされ、日本などでは生食もされる。殻(卵殻)を割った中身は黄身(卵黄)と白身(卵白)に分かれている。生の卵を溶いたものを「溶き卵」と言う。 一般的に食用とする鳥類の卵は国・地域によって異なり、カモ、ガチョウ、ダチョウ、カモメ、ホロホロチョウ、キジ科、エミューなど様々な卵が使われる。日本においては、卵といえば、鶏卵を指す。一般に入手しやすい鳥類の卵としては他にウズラの卵ぐらいしかないが、東アジアや東南アジアでは、アヒルの卵もごく一般的で、他にハトの卵もあり、用途に応じて使い分けられている。 (ja)
  • 鶏卵(けいらん)は、ニワトリ(鶏)の卵である。世界の多くの地域で加熱調理して食用とされ、日本などでは生食もされる。殻(卵殻)を割った中身は黄身(卵黄)と白身(卵白)に分かれている。生の卵を溶いたものを「溶き卵」と言う。 一般的に食用とする鳥類の卵は国・地域によって異なり、カモ、ガチョウ、ダチョウ、カモメ、ホロホロチョウ、キジ科、エミューなど様々な卵が使われる。日本においては、卵といえば、鶏卵を指す。一般に入手しやすい鳥類の卵としては他にウズラの卵ぐらいしかないが、東アジアや東南アジアでは、アヒルの卵もごく一般的で、他にハトの卵もあり、用途に応じて使い分けられている。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1150881 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 28614 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81079409 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:betacaroteneUg
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:calciumMg
  • 51 (xsd:integer)
prop-ja:caption
  • 鶏卵 (ja)
  • 鶏卵 (ja)
prop-ja:carbs
  • 0.3
prop-ja:copperMg
  • 0.080000 (xsd:double)
prop-ja:date
  • 20021008211652 (xsd:decimal)
prop-ja:fat
  • 10.3
prop-ja:folateUg
  • 43 (xsd:integer)
prop-ja:ironMg
  • 1.800000 (xsd:double)
prop-ja:kj
  • 632 (xsd:integer)
prop-ja:magnesiumMg
  • 11 (xsd:integer)
prop-ja:manganeseMg
  • 0.020000 (xsd:double)
prop-ja:name
  • 鶏卵(全卵、生) (ja)
  • 鶏卵(全卵、生) (ja)
prop-ja:niacinMg
  • 0.100000 (xsd:double)
prop-ja:note
  • ビタミンEはα─トコフェロールのみを示した。 冷凍液全卵を含む 廃棄部位: 付着卵白を含む卵殻(卵殻: 13 %) 卵黄:卵白=31:69 ビタミンD: ビタミンD活性代謝物を含む(ビタミンD活性代謝物を含まない場合: 0.9 μg) (ja)
  • ビタミンEはα─トコフェロールのみを示した。 冷凍液全卵を含む 廃棄部位: 付着卵白を含む卵殻(卵殻: 13 %) 卵黄:卵白=31:69 ビタミンD: ビタミンD活性代謝物を含む(ビタミンD活性代謝物を含まない場合: 0.9 μg) (ja)
prop-ja:opt1n
prop-ja:opt1v
  • 420.0
prop-ja:opt2n
prop-ja:opt2v
  • 25.400000 (xsd:double)
prop-ja:pantothenicMg
  • 1.450000 (xsd:double)
prop-ja:phosphorusMg
  • 180 (xsd:integer)
prop-ja:potassiumMg
  • 130 (xsd:integer)
prop-ja:protein
  • 12.3
prop-ja:riboflavinMg
  • 0.430000 (xsd:double)
prop-ja:right
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:seleniumUg
  • 32 (xsd:integer)
prop-ja:sodiumMg
  • 140 (xsd:integer)
prop-ja:thiaminMg
  • 0.060000 (xsd:double)
prop-ja:title
  • たまご博物館 (ja)
  • たまご博物館 (ja)
prop-ja:url
prop-ja:vitaUg
  • 150 (xsd:integer)
prop-ja:vitb12Ug
  • 0.900000 (xsd:double)
prop-ja:vitb6Mg
  • 0.080000 (xsd:double)
prop-ja:vitdUg
  • 1.800000 (xsd:double)
prop-ja:viteMg
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:vitkUg
  • 13 (xsd:integer)
prop-ja:water
  • 76.1
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:zincMg
  • 1.300000 (xsd:double)
dct:subject
rdfs:comment
  • 鶏卵(けいらん)は、ニワトリ(鶏)の卵である。世界の多くの地域で加熱調理して食用とされ、日本などでは生食もされる。殻(卵殻)を割った中身は黄身(卵黄)と白身(卵白)に分かれている。生の卵を溶いたものを「溶き卵」と言う。 一般的に食用とする鳥類の卵は国・地域によって異なり、カモ、ガチョウ、ダチョウ、カモメ、ホロホロチョウ、キジ科、エミューなど様々な卵が使われる。日本においては、卵といえば、鶏卵を指す。一般に入手しやすい鳥類の卵としては他にウズラの卵ぐらいしかないが、東アジアや東南アジアでは、アヒルの卵もごく一般的で、他にハトの卵もあり、用途に応じて使い分けられている。 (ja)
  • 鶏卵(けいらん)は、ニワトリ(鶏)の卵である。世界の多くの地域で加熱調理して食用とされ、日本などでは生食もされる。殻(卵殻)を割った中身は黄身(卵黄)と白身(卵白)に分かれている。生の卵を溶いたものを「溶き卵」と言う。 一般的に食用とする鳥類の卵は国・地域によって異なり、カモ、ガチョウ、ダチョウ、カモメ、ホロホロチョウ、キジ科、エミューなど様々な卵が使われる。日本においては、卵といえば、鶏卵を指す。一般に入手しやすい鳥類の卵としては他にウズラの卵ぐらいしかないが、東アジアや東南アジアでは、アヒルの卵もごく一般的で、他にハトの卵もあり、用途に応じて使い分けられている。 (ja)
rdfs:label
  • 鶏卵 (ja)
  • 鶏卵 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:ingredient of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:caption of
is prop-ja:mainIngredient of
is prop-ja:minorIngredient of
is prop-ja:name of
is prop-ja:事業内容 of
is foaf:primaryTopic of