Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 鱗(うろこ、ギリシア語: λεπις (lepis)、ラテン語: squama)は、動物の体表を覆う硬質の小片状の組織である。主な役目として、動物の体を外部環境の変化から守り、攻撃から防御する。防御のため一枚板の装甲板で体表を覆った場合、その動物の体の可動性は著しく損なわれるが、これを小片に分割し、小装甲板の間に可動性を持たせれば、かなりの防御性を維持したまま身体の可動性を得ることができる。さまざまな分類群の動物が鱗を発達させたが、その起源、構造、組成などは異なる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 347038 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5589 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 100 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56632732 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 鱗(うろこ、ギリシア語: λεπις (lepis)、ラテン語: squama)は、動物の体表を覆う硬質の小片状の組織である。主な役目として、動物の体を外部環境の変化から守り、攻撃から防御する。防御のため一枚板の装甲板で体表を覆った場合、その動物の体の可動性は著しく損なわれるが、これを小片に分割し、小装甲板の間に可動性を持たせれば、かなりの防御性を維持したまま身体の可動性を得ることができる。さまざまな分類群の動物が鱗を発達させたが、その起源、構造、組成などは異なる。
rdfs:label
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of