Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 鯨肉(げいにく/くじらにく) とは、食品として扱われる鯨類や、その小型種の一部の総称であるイルカ類の可食部全般を指す。狭義にはイルカ類は除く。筋肉・内臓・鯨類特有の脂皮(脂肪層)などを含む。鯨類は世界各地で鯨油など多様な利用がされてきたが、鯨肉もその中の重要な用途の一つである。多様な鯨種や部位にあわせて様々な嗜好や調理法も生まれ、国や地域によって様々な食文化を形成してきた。現在では商業捕鯨が大きく制限されているため、生産量が減少している。価格も商業捕鯨全盛期と比べると大きく値上がりしている。鯨はしばしば最大の「魚」ととらえられ、魚肉のひとつという位置づけで古くから食用とされてきた。そのため、以下の記述では哺乳類の鯨を「魚」として表記する場合がある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 287936 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 22639 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 347 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58680032 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:calciumMg
  • 7 (xsd:integer)
prop-ja:carbs
  • 0.0
prop-ja:fat
  • 0.5
prop-ja:fiber
  • 0.0
prop-ja:folateUg
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:ironMg
  • 25.900000 (xsd:double)
prop-ja:kcal
  • 111 (xsd:integer)
prop-ja:magnesiumMg
  • 22 (xsd:integer)
prop-ja:monofat
  • 0.337000 (xsd:double)
prop-ja:name
  • Whale, beluga, meat, raw
prop-ja:niacinMg
  • 5.386000 (xsd:double)
prop-ja:opt1n
prop-ja:opt1v
  • 340 (xsd:integer)
prop-ja:opt2n
prop-ja:opt2v
  • 80.0
prop-ja:phosphorusMg
  • 239 (xsd:integer)
prop-ja:polyfat
  • 0.025000 (xsd:double)
prop-ja:potassiumMg
  • 283 (xsd:integer)
prop-ja:protein
  • 26.5
prop-ja:riboflavinMg
  • 0.184000 (xsd:double)
prop-ja:right
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:satfat
  • 0.092000 (xsd:double)
prop-ja:sodiumMg
  • 78 (xsd:integer)
prop-ja:sourceUsda
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:thiaminMg
  • 0.014000 (xsd:double)
prop-ja:vitaUg
  • 102 (xsd:integer)
prop-ja:vitb12Ug
  • 2.590000 (xsd:double)
prop-ja:vitb6Mg
  • 0.046000 (xsd:double)
prop-ja:vitcMg
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:vitkUg
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:water
  • 72.5
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:zincMg
  • 2.760000 (xsd:double)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 鯨肉(げいにく/くじらにく) とは、食品として扱われる鯨類や、その小型種の一部の総称であるイルカ類の可食部全般を指す。狭義にはイルカ類は除く。筋肉・内臓・鯨類特有の脂皮(脂肪層)などを含む。鯨類は世界各地で鯨油など多様な利用がされてきたが、鯨肉もその中の重要な用途の一つである。多様な鯨種や部位にあわせて様々な嗜好や調理法も生まれ、国や地域によって様々な食文化を形成してきた。現在では商業捕鯨が大きく制限されているため、生産量が減少している。価格も商業捕鯨全盛期と比べると大きく値上がりしている。鯨はしばしば最大の「魚」ととらえられ、魚肉のひとつという位置づけで古くから食用とされてきた。そのため、以下の記述では哺乳類の鯨を「魚」として表記する場合がある。
rdfs:label
  • 鯨肉
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of