Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『鬼平犯科帳』(おにへいはんかちょう、鬼平犯科帳'80、鬼平犯科帳'81、鬼平犯科帳'82とも)は、1980年から1982年までテレビ朝日で放送されたテレビ時代劇である。テレビ時代劇としての鬼平犯科帳における鬼平役では萬屋錦之介は松本幸四郎、丹波哲郎に次いで3代目である。監督を務めた高瀬昌弘の回想によれば、萬屋の演技が原作者の池波正太郎からも不評であった上、萬屋が率いていた撮影チームと従来の撮影チームとの間で軋轢が有り、現場は思うように進まなかったという。その上撮影中の1982年2月、中村プロダクションが倒産、同年6月には萬屋が歌舞伎公演中に病気に倒れるなど、思うに任せない撮影であった。しかし萬屋は最終話まで演じきり、最終話「春の淡雪」を見た池波も「錦之介もようやく鬼平になった…」と認めたという。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1811123 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 14519 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 689 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58818196 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『鬼平犯科帳』(おにへいはんかちょう、鬼平犯科帳'80、鬼平犯科帳'81、鬼平犯科帳'82とも)は、1980年から1982年までテレビ朝日で放送されたテレビ時代劇である。テレビ時代劇としての鬼平犯科帳における鬼平役では萬屋錦之介は松本幸四郎、丹波哲郎に次いで3代目である。監督を務めた高瀬昌弘の回想によれば、萬屋の演技が原作者の池波正太郎からも不評であった上、萬屋が率いていた撮影チームと従来の撮影チームとの間で軋轢が有り、現場は思うように進まなかったという。その上撮影中の1982年2月、中村プロダクションが倒産、同年6月には萬屋が歌舞伎公演中に病気に倒れるなど、思うに任せない撮影であった。しかし萬屋は最終話まで演じきり、最終話「春の淡雪」を見た池波も「錦之介もようやく鬼平になった…」と認めたという。
rdfs:label
  • 鬼平犯科帳 (萬屋錦之介)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:前番組 of
is foaf:primaryTopic of