Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 高(たか)とは中世から近世にかけての日本で行われた、年貢または見積穫稲の多少によって土地の価値を示す名称である。『古事類苑』によるとタケと同じで、高下、長短、多少、軽重などの総量を示すものであった。しかし前近代社会では年貢または見積もり収穫量の多少によってその土地の面積を示すのが一般的であり、それが貫高・永高・石高などである。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1824108 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2345 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 55 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52469324 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 高(たか)とは中世から近世にかけての日本で行われた、年貢または見積穫稲の多少によって土地の価値を示す名称である。『古事類苑』によるとタケと同じで、高下、長短、多少、軽重などの総量を示すものであった。しかし前近代社会では年貢または見積もり収穫量の多少によってその土地の面積を示すのが一般的であり、それが貫高・永高・石高などである。
rdfs:label
  • 高 (土地生産力)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of