Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 高野竜神国定公園(こうやりゅうじんこくていこうえん)は、和歌山県の高野山と龍神温泉一帯を中心とした山岳公園。一部奈良県にも指定区域が広がる。1967年(昭和42年)3月23日指定。高野龍神国定公園の表記も用いられる。高野山は古くから山岳仏教の聖地として知られた霊山で、一帯にはコウヤマキを始め、マツ、スギ、ヒノキ、ツガなどの常緑樹林で蔽われる、また落葉広葉樹林も多い。一方で林業も盛んであったために二次林も多い。稜線に沿って高野龍神スカイライン(昭和55年開通)が走っており、高野山と龍神温泉をつなぐ。高野山は世界遺産に登録されているが、それ以前から多くの参拝客を集めていたため、公園利用者は多い。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 798593 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1067 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 28 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54013082 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 高野竜神国定公園(こうやりゅうじんこくていこうえん)は、和歌山県の高野山と龍神温泉一帯を中心とした山岳公園。一部奈良県にも指定区域が広がる。1967年(昭和42年)3月23日指定。高野龍神国定公園の表記も用いられる。高野山は古くから山岳仏教の聖地として知られた霊山で、一帯にはコウヤマキを始め、マツ、スギ、ヒノキ、ツガなどの常緑樹林で蔽われる、また落葉広葉樹林も多い。一方で林業も盛んであったために二次林も多い。稜線に沿って高野龍神スカイライン(昭和55年開通)が走っており、高野山と龍神温泉をつなぐ。高野山は世界遺産に登録されているが、それ以前から多くの参拝客を集めていたため、公園利用者は多い。
rdfs:label
  • 高野竜神国定公園
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of