Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 高谷 朝子(たかや あさこ、1924年(大正13年)6月26日 - )は、宮内庁元内掌典。滋賀県大津市生まれ。1942年(昭和17年)3月に滋賀県立大津高等女学校(現滋賀県立大津高等学校)を卒業。翌1943年(昭和18年)6月1日に宮内省内掌典を拝命。以後約57年間に亘り、皇室の神事、賢所や候所の伝統を護る。終戦から昭和天皇崩御までを皇居内で過ごした。この間、1985年(昭和60年)4月におかしら(内掌典の長)に就任。昭和天皇大喪の礼、今上天皇即位の礼、皇太子徳仁親王成婚にかかわった。2000年(平成12年)11月、勲四等瑞宝章受章。2001年(平成13年)3月31日に退職。「日本教育再生機構」の賛同者。評論家高谷覚蔵は叔父にあたる。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1659343 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1156 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 35 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54011126 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
prop-ja:単一の出典
  • --01-05
prop-ja:特筆性
  • 2012 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 高谷 朝子(たかや あさこ、1924年(大正13年)6月26日 - )は、宮内庁元内掌典。滋賀県大津市生まれ。1942年(昭和17年)3月に滋賀県立大津高等女学校(現滋賀県立大津高等学校)を卒業。翌1943年(昭和18年)6月1日に宮内省内掌典を拝命。以後約57年間に亘り、皇室の神事、賢所や候所の伝統を護る。終戦から昭和天皇崩御までを皇居内で過ごした。この間、1985年(昭和60年)4月におかしら(内掌典の長)に就任。昭和天皇大喪の礼、今上天皇即位の礼、皇太子徳仁親王成婚にかかわった。2000年(平成12年)11月、勲四等瑞宝章受章。2001年(平成13年)3月31日に退職。「日本教育再生機構」の賛同者。評論家高谷覚蔵は叔父にあたる。
rdfs:label
  • 高谷朝子
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of