Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 髙田 礼人(たかだ あやと、1968年12月16日 - )は、日本のウイルス学者。学位は博士(獣医学)。北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター教授を務める。愛称はお侍先生、ウイルスハンターと呼ばれている。一応自称剣術家でもあるらしい。専門はインフルエンザウイルスやエボラ出血熱等の動物を介して人に感染するウイルスの研究を行い、感染経路の解明から治療薬の開発までの実績を残している。また1996年からエボラウイルスの研究を行い、世界で初めてエボラウイルスの感染メカニズムを解明した世界的第一人者である。2005年にはエボラウイルス表面糖タンパク質の機能解析によって日本ウイルス学会杉浦奨励賞を受賞した。ウイルスに関しての講演会等も行う事がある。世界的権威のある学術雑誌『ネイチャー』から取材が来る程の注目されている人物である。ウイルスに対してこう発言している。 — 高田礼人、『情熱大陸』2010年2月28日
dbpedia-owl:affiliation
dbpedia-owl:almaMater
dbpedia-owl:award
dbpedia-owl:birthDate
  • 1968-12-16 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:depictionDescription
  • 2010年2月28日放送、情熱大陸より
dbpedia-owl:doctoralAdvisor
dbpedia-owl:field
dbpedia-owl:residence
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3155038 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7202 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 94 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57843452 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:almaMater
prop-ja:birthDate
  • 1968-12-16 (xsd:date)
prop-ja:birthPlace
  • 東京都東村山市出身
prop-ja:caption
  • --02-28
prop-ja:doctoralAdvisor
prop-ja:field
prop-ja:knownFor
  • エボラウイルス研究の世界的第一人者
prop-ja:name
  • 髙田礼人
prop-ja:prizes
  • 第181回日本ウイルス学会杉浦奨励賞
prop-ja:residence
  • 北海道札幌市
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:workInstitution
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 髙田 礼人(たかだ あやと、1968年12月16日 - )は、日本のウイルス学者。学位は博士(獣医学)。北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター教授を務める。愛称はお侍先生、ウイルスハンターと呼ばれている。一応自称剣術家でもあるらしい。専門はインフルエンザウイルスやエボラ出血熱等の動物を介して人に感染するウイルスの研究を行い、感染経路の解明から治療薬の開発までの実績を残している。また1996年からエボラウイルスの研究を行い、世界で初めてエボラウイルスの感染メカニズムを解明した世界的第一人者である。2005年にはエボラウイルス表面糖タンパク質の機能解析によって日本ウイルス学会杉浦奨励賞を受賞した。ウイルスに関しての講演会等も行う事がある。世界的権威のある学術雑誌『ネイチャー』から取材が来る程の注目されている人物である。ウイルスに対してこう発言している。 — 高田礼人、『情熱大陸』2010年2月28日
rdfs:label
  • 高田礼人
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 髙田礼人
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of