Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 高津内親王(こうづ/たかつないしんのう、生年不詳-承和8年4月17日(841年5月11日)没)は桓武天皇の第12皇女、母は従五位下坂上又子(刈田麻呂の女)。延暦20年(801年)11月9日、加笄の儀(女子の成人式)を行った。異母兄にあたる神野親王と結婚し、親王が嵯峨天皇として即位するにともない、大同4年(809年)6月13日、妃となり三品に叙せられた。業良親王と業子内親王を生んだが、業良親王は精神に異常があったといわれ(『三代実録』薨伝)、それが原因かどうか、薨去するまで無品のままであった。高津内親王もほどなく妃を廃せられたが、その原因は薨伝に「良有以也(まことにゆえあるなり)」とあるだけで一切が不明である。業良親王の精神問題と絡んで、背後に何らかの陰謀があったと思われ、内親王が漢文を下敷きにして詠んだ歌「直き木にまがれる枝もあるものを毛を吹き疵を言ふがわりなさ」(『後撰和歌集』)がそれを仄めかしつつ内親王の憤慨を伝えている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2436766 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 957 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 24 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58679642 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 高津内親王(こうづ/たかつないしんのう、生年不詳-承和8年4月17日(841年5月11日)没)は桓武天皇の第12皇女、母は従五位下坂上又子(刈田麻呂の女)。延暦20年(801年)11月9日、加笄の儀(女子の成人式)を行った。異母兄にあたる神野親王と結婚し、親王が嵯峨天皇として即位するにともない、大同4年(809年)6月13日、妃となり三品に叙せられた。業良親王と業子内親王を生んだが、業良親王は精神に異常があったといわれ(『三代実録』薨伝)、それが原因かどうか、薨去するまで無品のままであった。高津内親王もほどなく妃を廃せられたが、その原因は薨伝に「良有以也(まことにゆえあるなり)」とあるだけで一切が不明である。業良親王の精神問題と絡んで、背後に何らかの陰謀があったと思われ、内親王が漢文を下敷きにして詠んだ歌「直き木にまがれる枝もあるものを毛を吹き疵を言ふがわりなさ」(『後撰和歌集』)がそれを仄めかしつつ内親王の憤慨を伝えている。
rdfs:label
  • 高津内親王
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of