Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 高橋 竜二(たかはし りゅうじ、1974年2月25日 - )は、スキージャンプ選手。生まれながら聴覚障害を持ちながらも競技を行い、長野オリンピックではテストジャンパーを務めた。北海道札幌市に生まれ、父親の勧めで幼少の頃からスキーを始める。当初はアルペン競技を行っていたが、スタートの合図が聞こえないため、小学二年の時に「目で合図を見る」ジャンプ競技に転向し、学生競技で活躍した。北海道高等聾学校を卒業する頃には実業団の誘いもあったがこれを断り、同校の専攻科歯科技工士科に進む。卒業後は歯科技工士として、就職先がない選手の受け皿を1970年代から提供してきた水戸歯科医院(札幌五輪複合5位の勝呂裕司も所属していた頃がある)に勤めながら競技を続けた。1998年のSTVカップ国際スキージャンプ競技大会ラージヒルにおいて岡部孝信、宮平秀治らを破り優勝。同年に行われた長野オリンピックではテストジャンパーを務めた。日本が金メダルを期待された団体戦の一回目を終えたとき、天候の悪化から二回目を行うかどうかの協議が行われた。競技委員は最終的にテストジャンプを見て決断する事とした。高橋はテストジャンパー25名の中で最長となる131mを跳び、競技が可能な事を競技委員に印象付けた。再開後の日本は、一回目の四位から逆転で金メダルを獲得する事となる。その後はメディアで取り上げられることが多くなったことから期待に応えようと焦るうちに成績が落ち込むようになり、2000年に現役を引退。2005-2006年のシーズンからは、同じく引退していた仲村和博、仲村友和(いずれも元マイカル)とともにトヨタ自動車北海道に所属して競技生活に復帰している。以下は、1998年1月18日(日)に大倉山ジャンプ競技場で開催された第37回STVカップ国際スキージャンプ競技大会のスコアである。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 791855 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3224 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 29 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46814837 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 高橋 竜二(たかはし りゅうじ、1974年2月25日 - )は、スキージャンプ選手。生まれながら聴覚障害を持ちながらも競技を行い、長野オリンピックではテストジャンパーを務めた。北海道札幌市に生まれ、父親の勧めで幼少の頃からスキーを始める。当初はアルペン競技を行っていたが、スタートの合図が聞こえないため、小学二年の時に「目で合図を見る」ジャンプ競技に転向し、学生競技で活躍した。北海道高等聾学校を卒業する頃には実業団の誘いもあったがこれを断り、同校の専攻科歯科技工士科に進む。卒業後は歯科技工士として、就職先がない選手の受け皿を1970年代から提供してきた水戸歯科医院(札幌五輪複合5位の勝呂裕司も所属していた頃がある)に勤めながら競技を続けた。1998年のSTVカップ国際スキージャンプ競技大会ラージヒルにおいて岡部孝信、宮平秀治らを破り優勝。同年に行われた長野オリンピックではテストジャンパーを務めた。日本が金メダルを期待された団体戦の一回目を終えたとき、天候の悪化から二回目を行うかどうかの協議が行われた。競技委員は最終的にテストジャンプを見て決断する事とした。高橋はテストジャンパー25名の中で最長となる131mを跳び、競技が可能な事を競技委員に印象付けた。再開後の日本は、一回目の四位から逆転で金メダルを獲得する事となる。その後はメディアで取り上げられることが多くなったことから期待に応えようと焦るうちに成績が落ち込むようになり、2000年に現役を引退。2005-2006年のシーズンからは、同じく引退していた仲村和博、仲村友和(いずれも元マイカル)とともにトヨタ自動車北海道に所属して競技生活に復帰している。以下は、1998年1月18日(日)に大倉山ジャンプ競技場で開催された第37回STVカップ国際スキージャンプ競技大会のスコアである。
rdfs:label
  • 高橋竜二
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of