Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 高松塚古墳(たかまつづかこふん)は、奈良県高市郡明日香村(国営飛鳥歴史公園内)に存在する古墳。藤原京期(694年~710年)に築造された終末期古墳で、直径23m(下段)及び18m(上段)、高さ5mの二段式の円墳である。1972年に極彩色の壁画が発見されたことで一躍注目されるようになった。2009年に本来の形状に復元され、一般に公開されている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 11062 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10164 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 185 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59030696 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:出土品
  • 壁画(国宝)、銅鏡など
prop-ja:史跡指定
  • 1973 (xsd:integer)
prop-ja:名称
  • 高松塚古墳
prop-ja:形状
  • 二段円墳
prop-ja:所在地
  • 奈良県高市郡明日香村平田
prop-ja:画像
  • 280 (xsd:integer)
prop-ja:画像キャプション
  • 高松塚古墳壁画 西壁女子群像
prop-ja:築造年代
prop-ja:被葬者
  • 不明
prop-ja:規模
  • 300.0
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 高松塚古墳(たかまつづかこふん)は、奈良県高市郡明日香村(国営飛鳥歴史公園内)に存在する古墳。藤原京期(694年~710年)に築造された終末期古墳で、直径23m(下段)及び18m(上段)、高さ5mの二段式の円墳である。1972年に極彩色の壁画が発見されたことで一躍注目されるようになった。2009年に本来の形状に復元され、一般に公開されている。
rdfs:label
  • 高松塚古墳
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:title of
is foaf:primaryTopic of