Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 高村 倉太郎(たかむら くらたろう、1921年 - 2005年11月21日)は、日本の映画撮影監督。日本映画撮影監督協会名誉会長。1939年、松竹大船撮影所文化映画部に撮影助手として入所。1948年、「恋愛三羽烏」(中村登監督)の撮影監督に抜擢される。1954年、日活に移籍。以後も「俺は待ってるぜ」、「幕末太陽傳」、「ギターを持った渡り鳥」、「一杯のかけそば」など娯楽作品を中心に計約140本撮影。日本映画黄金期を支えた。日活がロマンポルノ路線に転じた後も、同社に留まり生涯を日活所属で貫いた。日活芸術学院の学院長、専任講師を務めるなど後進の指導にも尽くした。2005年11月21日、慢性心不全のため死去。享年84。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 389625 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 875 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 37 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55954736 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 高村 倉太郎(たかむら くらたろう、1921年 - 2005年11月21日)は、日本の映画撮影監督。日本映画撮影監督協会名誉会長。1939年、松竹大船撮影所文化映画部に撮影助手として入所。1948年、「恋愛三羽烏」(中村登監督)の撮影監督に抜擢される。1954年、日活に移籍。以後も「俺は待ってるぜ」、「幕末太陽傳」、「ギターを持った渡り鳥」、「一杯のかけそば」など娯楽作品を中心に計約140本撮影。日本映画黄金期を支えた。日活がロマンポルノ路線に転じた後も、同社に留まり生涯を日活所属で貫いた。日活芸術学院の学院長、専任講師を務めるなど後進の指導にも尽くした。2005年11月21日、慢性心不全のため死去。享年84。
rdfs:label
  • 高村倉太郎
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:cinematography of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:撮影 of
is foaf:primaryTopic of