Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 高嶺 剛(たかみね ごう 1948年11月12日 - )は、沖縄県石垣島川平出身の映画監督。京都市在住。小学生になる前に那覇市に移り住む。1969年、京都教育大学特修美術学科に「国費留学生」として進学。在学中から自主映画を取り始めるが、大学中退。ほぼ一貫して、沖縄をテーマとする映画を制作している。ジョナス・メカスの影響をもとにドキュメンタリー映画を撮っていたが、『パラダイスビュー』(1985年)からは劇映画に進出。1989年の作品『ウンタマギルー』は日本映画監督協会新人賞、ベルリン国際映画祭カリガリ賞、三大陸映画祭最優秀賞などを受賞した。2008年の作品『Puppet shaman star』は沖縄を舞台としておらず、京都在住の顔師(祇園祭の稚児の顔に化粧をする職)にして人形つかいの奥山恵介をとりあげたドキュメンタリーである。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1103105 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1219 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 44 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53430708 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 高嶺 剛(たかみね ごう 1948年11月12日 - )は、沖縄県石垣島川平出身の映画監督。京都市在住。小学生になる前に那覇市に移り住む。1969年、京都教育大学特修美術学科に「国費留学生」として進学。在学中から自主映画を取り始めるが、大学中退。ほぼ一貫して、沖縄をテーマとする映画を制作している。ジョナス・メカスの影響をもとにドキュメンタリー映画を撮っていたが、『パラダイスビュー』(1985年)からは劇映画に進出。1989年の作品『ウンタマギルー』は日本映画監督協会新人賞、ベルリン国際映画祭カリガリ賞、三大陸映画祭最優秀賞などを受賞した。2008年の作品『Puppet shaman star』は沖縄を舞台としておらず、京都在住の顔師(祇園祭の稚児の顔に化粧をする職)にして人形つかいの奥山恵介をとりあげたドキュメンタリーである。
rdfs:label
  • 高嶺剛
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:director of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is dbpedia-owl:writer of
is prop-ja:監督 of
is foaf:primaryTopic of