Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 高峰 秀子(たかみね ひでこ、1924年3月27日 - 2010年12月28日)は、日本の女優、歌手、エッセイスト。本名は松山 秀子(まつやま ひでこ)、旧姓は平山(ひらやま)。愛称はデコちゃん。戦前・戦後を通じて日本映画界で活躍した女優の一人。1929年(昭和4年)に松竹蒲田撮影所で子役デビューし、天才子役スターとして活躍。ハリウッドの名子役シャーリー・テンプルとも比較された。その後東宝、新東宝を経てフリーとなる。木下惠介、成瀬巳喜男監督作品に常連出演したほか、小津安二郎、豊田四郎、稲垣浩、五所平之助など日本映画界を彩る巨匠監督の名作に数多く出演した。1979年(昭和54年)に女優を引退し、その後はエッセイストとして活動。主な出演作品に『カルメン故郷に帰る』『二十四の瞳』『浮雲』など。著書に自伝『わたしの渡世日記』など。夫は映画監督の松山善三。
dbpedia-owl:birthYear
  • 1924-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathYear
  • 2010-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:notableWork
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 151024 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 26019 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 512 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57495101 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:その他の賞
  • 1954 (xsd:integer)
  • 1955 (xsd:integer)
  • 1957 (xsd:integer)
  • 1961 (xsd:integer)
  • 2010 (xsd:integer)
  • 特別賞
  • 女優主演賞
  • 女優賞
  • キネマ旬報ベスト・テン
prop-ja:ふりがな
  • たかみね ひでこ
prop-ja:ジャンル
prop-ja:ブルーリボン賞
  • 1954 (xsd:integer)
  • 主演女優賞
prop-ja:主な作品
  • 『喜びも悲しみも幾歳月』 / 『張込み』
  • 『名もなく貧しく美しく』 / 『乱れる』
  • 『カルメン故郷に帰る』 / 『稲妻』
  • 『二十四の瞳』 / 『浮雲』
  • 『恍惚の人』 / 『衝動殺人 息子よ』
  • 『笛吹川』 / 『女が階段を上る時』
  • 『綴方教室』 / 『宗方姉妹』
prop-ja:出生地
  • ・北海道函館市
prop-ja:日本アカデミー賞
  • 1979 (xsd:integer)
  • 1996 (xsd:integer)
  • 2011 (xsd:integer)
  • 会長特別賞
  • 会長功労賞
  • 優秀助演女優賞
prop-ja:本名
  • 松山 秀子((まつやま ひでこ))
prop-ja:死没地
  • ・東京都渋谷区
prop-ja:没年
  • 2010 (xsd:integer)
prop-ja:没日
  • 28 (xsd:integer)
prop-ja:没月
  • 12 (xsd:integer)
prop-ja:活動内容
  • 1929 (xsd:integer)
  • 1937 (xsd:integer)
  • 1946 (xsd:integer)
  • 1950 (xsd:integer)
  • 1955 (xsd:integer)
  • 1979 (xsd:integer)
prop-ja:活動期間
  • 1929 (xsd:integer)
prop-ja:生年
  • 1924 (xsd:integer)
prop-ja:生日
  • 27 (xsd:integer)
prop-ja:生月
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:画像サイズ
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:画像ファイル
  • Hideko Takamine.jpg
prop-ja:職業
prop-ja:芸名
  • 高峰 秀子
prop-ja:著名な家族
  • 養女:斎藤明美(ライター)
prop-ja:身長
  • 158.0
prop-ja:配偶者
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 高峰 秀子(たかみね ひでこ、1924年3月27日 - 2010年12月28日)は、日本の女優、歌手、エッセイスト。本名は松山 秀子(まつやま ひでこ)、旧姓は平山(ひらやま)。愛称はデコちゃん。戦前・戦後を通じて日本映画界で活躍した女優の一人。1929年(昭和4年)に松竹蒲田撮影所で子役デビューし、天才子役スターとして活躍。ハリウッドの名子役シャーリー・テンプルとも比較された。その後東宝、新東宝を経てフリーとなる。木下惠介、成瀬巳喜男監督作品に常連出演したほか、小津安二郎、豊田四郎、稲垣浩、五所平之助など日本映画界を彩る巨匠監督の名作に数多く出演した。1979年(昭和54年)に女優を引退し、その後はエッセイストとして活動。主な出演作品に『カルメン故郷に帰る』『二十四の瞳』『浮雲』など。著書に自伝『わたしの渡世日記』など。夫は映画監督の松山善三。
rdfs:label
  • 高峰秀子
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • たかみね ひでこ
  • 松山 秀子((まつやま ひでこ))
  • 高峰 秀子
is dbpedia-owl:artist of
is dbpedia-owl:starring of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:artist of
is prop-ja:note of
is prop-ja:出演者 of
is foaf:primaryTopic of