Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 高射砲(こうしゃほう)は、敵航空機の攻撃から自軍を護るために作られた火砲。普仏戦争で敵の弾着観測気球を狙い撃つため、プロイセン軍が用いた軽量砲架の小口径砲がその祖形である。1912年にドイツが野砲を改造して使用したのが近代的高射砲の始まりである。主に第二次世界大戦において、高々度から侵入する連合軍の戦略爆撃機から軍事施設あるいは人口密集地の都市を守るためにドイツ軍は対空射撃管制装置ウルツブルク・レーダーと高射砲を組み合わせ、有効な防空戦を展開した。野戦において陣地あるいは装甲車両などの戦術目標を中・低空から攻撃する戦術爆撃機、急降下爆撃機に対しては高射砲ほどの大きな射高を必要とせず、効果的に弾幕の張れる機関砲が利用された。大日本帝国陸軍では高射砲、大日本帝国海軍では高角砲(こうかくほう)と呼んだ。また、最近は高々度を飛行する敵機を撃墜するには対空ミサイルが使用され、旧来の「高射砲」が出番を失ったためか、比較的低空で地上攻撃する敵機に対する砲を「高射砲」ではなく、「対空砲」と呼ぶことも多い。しかし、「高射砲」「高角砲」「対空砲」はいずれも英語では同じAnti-aircraft gun(対航空機銃砲、略称でAAG)であり、日本語訳におけるニュアンスの差でしかなく、基本的に同義である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 56605 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3801 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 100 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55684997 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 高射砲(こうしゃほう)は、敵航空機の攻撃から自軍を護るために作られた火砲。普仏戦争で敵の弾着観測気球を狙い撃つため、プロイセン軍が用いた軽量砲架の小口径砲がその祖形である。1912年にドイツが野砲を改造して使用したのが近代的高射砲の始まりである。主に第二次世界大戦において、高々度から侵入する連合軍の戦略爆撃機から軍事施設あるいは人口密集地の都市を守るためにドイツ軍は対空射撃管制装置ウルツブルク・レーダーと高射砲を組み合わせ、有効な防空戦を展開した。野戦において陣地あるいは装甲車両などの戦術目標を中・低空から攻撃する戦術爆撃機、急降下爆撃機に対しては高射砲ほどの大きな射高を必要とせず、効果的に弾幕の張れる機関砲が利用された。大日本帝国陸軍では高射砲、大日本帝国海軍では高角砲(こうかくほう)と呼んだ。また、最近は高々度を飛行する敵機を撃墜するには対空ミサイルが使用され、旧来の「高射砲」が出番を失ったためか、比較的低空で地上攻撃する敵機に対する砲を「高射砲」ではなく、「対空砲」と呼ぶことも多い。しかし、「高射砲」「高角砲」「対空砲」はいずれも英語では同じAnti-aircraft gun(対航空機銃砲、略称でAAG)であり、日本語訳におけるニュアンスの差でしかなく、基本的に同義である。
rdfs:label
  • 高射砲
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:type of
is prop-ja:武装 of
is foaf:primaryTopic of