Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 骨相学(こっそうがく、独: Phrenologie)とは、脳は精神活動に対応する複数の器官の集合体であり、その器官・機能の差が頭蓋の大きさ・形状に現れると主張する学説である。19世紀に隆盛を誇ったが大脳生理学の発展によって、20世紀以降では否定されている。頭蓋測定学とも呼ばれる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1070087 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5437 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 68 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56213131 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 骨相学(こっそうがく、独: Phrenologie)とは、脳は精神活動に対応する複数の器官の集合体であり、その器官・機能の差が頭蓋の大きさ・形状に現れると主張する学説である。19世紀に隆盛を誇ったが大脳生理学の発展によって、20世紀以降では否定されている。頭蓋測定学とも呼ばれる。
rdfs:label
  • 骨相学
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of