Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 駐車場法(ちゅうしゃじょうほう、昭和32年5月16日法律第106号)は、都市における自動車の駐車のための施設の整備に関し必要な事項を定めることにより、道路交通の円滑化を図り、もつて公衆の利便に資するとともに、都市の機能の維持及び増進に寄与することを目的として1957年(昭和32年)に制定された法律である。最終改正:平成一八年五月三一日法律第四六号
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 704687 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 879 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 18 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 42425376 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:リンク
prop-ja:内容
prop-ja:効力
  • 現行法
prop-ja:番号
  • --05-16
prop-ja:種類
  • 交通法
prop-ja:関連
prop-ja:題名
  • 駐車場法
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 駐車場法(ちゅうしゃじょうほう、昭和32年5月16日法律第106号)は、都市における自動車の駐車のための施設の整備に関し必要な事項を定めることにより、道路交通の円滑化を図り、もつて公衆の利便に資するとともに、都市の機能の維持及び増進に寄与することを目的として1957年(昭和32年)に制定された法律である。最終改正:平成一八年五月三一日法律第四六号
rdfs:label
  • 駐車場法
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of