Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 馬詰 柳太郎(まづめ りゅうたろう、弘化元年(1844年) - ?)は、新選組隊士。美男五人衆の一人。中国地方出身といわれ、文久3年(1863年)9月以前に、父・馬詰新太郎と共に新選組に入隊。芹沢鴨暗殺の日でもある同年9月18日(16日とも)、新選組隊士達が島原へ遊興しに行った際には、屯所で留守番をしていた。美男で女好きだったが気が弱く、仲間の隊士達と飲みに行くこともできず、壬生村郷士南部亀二郎の子守女(色黒・短身・ちぢれ毛の醜女)と仲が良かった。その後、女の腹がふくれはじめたため、他の隊士達が「南部の子守のお腹がふくれた 胤(たね)は誰だろ 馬詰のせがれに 聞いてみろ 聞いてみろ」歌を作ってからかったという。そのため馬詰親子は居辛くなって、ある夜(池田屋事件の当日とも)に新選組を脱走した。なお、父・新太郎は45,6歳で、号を柳元斎と称して書が上手い一方、刀の差し方などまるで知らず、隊士達によく使い走りをさせられていたといわれる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 300135 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 544 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 14 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 43106436 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 馬詰 柳太郎(まづめ りゅうたろう、弘化元年(1844年) - ?)は、新選組隊士。美男五人衆の一人。中国地方出身といわれ、文久3年(1863年)9月以前に、父・馬詰新太郎と共に新選組に入隊。芹沢鴨暗殺の日でもある同年9月18日(16日とも)、新選組隊士達が島原へ遊興しに行った際には、屯所で留守番をしていた。美男で女好きだったが気が弱く、仲間の隊士達と飲みに行くこともできず、壬生村郷士南部亀二郎の子守女(色黒・短身・ちぢれ毛の醜女)と仲が良かった。その後、女の腹がふくれはじめたため、他の隊士達が「南部の子守のお腹がふくれた 胤(たね)は誰だろ 馬詰のせがれに 聞いてみろ 聞いてみろ」歌を作ってからかったという。そのため馬詰親子は居辛くなって、ある夜(池田屋事件の当日とも)に新選組を脱走した。なお、父・新太郎は45,6歳で、号を柳元斎と称して書が上手い一方、刀の差し方などまるで知らず、隊士達によく使い走りをさせられていたといわれる。
rdfs:label
  • 馬詰柳太郎
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of