Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 馬耳山道立公園(マイサンどうりつこうえん)は大韓民国全羅北道鎮安郡にある道立公園である。1979年10月16日に道立公園の指定を受けた。馬の耳に見えることから馬耳山と名前がつけられた。673mの雌馬耳山(西峰、암마이산)と667mの雄馬耳山(東峰、숫마이산)で形成され、頂上はタフォニが形成されている。山の南側には1885年ごろから李甲童(イ・カプドン)が10余年間をかけて120基の石塔を作ったが、2006年現在80基が残っている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 670378 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 728 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 12 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56125586 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:alphabet
  • Maisan Provincial Park
prop-ja:alphabetType
prop-ja:hangeul
  • 마이산도립공원
prop-ja:hanja
  • 馬耳山道立公園
prop-ja:katakana
  • マイサントリプコンウォン
prop-ja:title
  • 馬耳山道立公園
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 馬耳山道立公園(マイサンどうりつこうえん)は大韓民国全羅北道鎮安郡にある道立公園である。1979年10月16日に道立公園の指定を受けた。馬の耳に見えることから馬耳山と名前がつけられた。673mの雌馬耳山(西峰、암마이산)と667mの雄馬耳山(東峰、숫마이산)で形成され、頂上はタフォニが形成されている。山の南側には1885年ごろから李甲童(イ・カプドン)が10余年間をかけて120基の石塔を作ったが、2006年現在80基が残っている。
rdfs:label
  • 馬耳山道立公園
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:画像の解説 of
is foaf:primaryTopic of