Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 馬力(ばりき)は仕事率、工率の単位である。名前の通り、元々は馬一頭が発揮する仕事率を1馬力と定めたものであった。今日では、ヤード・ポンド法に基づく英馬力、メートル法に基づく仏馬力を始めとして、各種の馬力の定義がある。国際単位系 (SI) における仕事率、工率の単位はワット (W) であり、馬力は併用単位にもなっていない。1馬力というのは輓馬(荷を引く馬)が継続的に荷を引っ張る際の仕事率を基準にしており、単純に「馬の最高出力=1馬力」を表すわけではない。人間でも100メートル走などにおける瞬間的な最大出力では1馬力程度の力を出すことができる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 52958 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5988 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 85 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59194266 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:si
  • 735.498000 (xsd:double)
  • 745.699000 (xsd:double)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:単位系
prop-ja:名称
  • 馬力(仏馬力)
prop-ja:定義
  • 75 (xsd:integer)
  • 550 (xsd:integer)
prop-ja:物理量
prop-ja:由来
  • 標準的な荷役馬1頭の仕事率
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
  • 荷役馬。当初の1馬力。
prop-ja:記号
  • HP, hp, ㏋(英馬力)
  • PS, ps(仏馬力)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 馬力(ばりき)は仕事率、工率の単位である。名前の通り、元々は馬一頭が発揮する仕事率を1馬力と定めたものであった。今日では、ヤード・ポンド法に基づく英馬力、メートル法に基づく仏馬力を始めとして、各種の馬力の定義がある。国際単位系 (SI) における仕事率、工率の単位はワット (W) であり、馬力は併用単位にもなっていない。1馬力というのは輓馬(荷を引く馬)が継続的に荷を引っ張る際の仕事率を基準にしており、単純に「馬の最高出力=1馬力」を表すわけではない。人間でも100メートル走などにおける瞬間的な最大出力では1馬力程度の力を出すことができる。
rdfs:label
  • 馬力
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:fourthofficial of
is prop-ja:出力 of
is foaf:primaryTopic of