Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 香木(こうぼく)は、心地よい芳香を持つ木材のこと。沈香(沈水香木)と白檀が有名である。薄片に削ったものを加熱して芳香を楽しむのに用いられる。香木の芳香のことを「香」という。白檀は熱することなく香るため、それ以外にも仏像などの彫刻や扇子や数珠などの材料として用いられる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 78602 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1040 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 28 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58568387 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 香木(こうぼく)は、心地よい芳香を持つ木材のこと。沈香(沈水香木)と白檀が有名である。薄片に削ったものを加熱して芳香を楽しむのに用いられる。香木の芳香のことを「香」という。白檀は熱することなく香るため、それ以外にも仏像などの彫刻や扇子や数珠などの材料として用いられる。
rdfs:label
  • 香木
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of