首提灯(くびぢょうちん)は古典落語の演目の一つ。原話は、安永3年(1774年)に出版された笑話本『』の一遍である「盗人の頓智」。元は小噺程度の短いものであったが、4代目橘家圓蔵が一席物にまとめた。 主な演者には、6代目三遊亭圓生(この噺で芸術祭文部大臣賞受賞)、そして林家彦六などがいる。

Property Value
dbo:abstract
  • 首提灯(くびぢょうちん)は古典落語の演目の一つ。原話は、安永3年(1774年)に出版された笑話本『』の一遍である「盗人の頓智」。元は小噺程度の短いものであったが、4代目橘家圓蔵が一席物にまとめた。 主な演者には、6代目三遊亭圓生(この噺で芸術祭文部大臣賞受賞)、そして林家彦六などがいる。 (ja)
  • 首提灯(くびぢょうちん)は古典落語の演目の一つ。原話は、安永3年(1774年)に出版された笑話本『』の一遍である「盗人の頓智」。元は小噺程度の短いものであったが、4代目橘家圓蔵が一席物にまとめた。 主な演者には、6代目三遊亭圓生(この噺で芸術祭文部大臣賞受賞)、そして林家彦六などがいる。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 1261313 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1587 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80702623 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 首提灯(くびぢょうちん)は古典落語の演目の一つ。原話は、安永3年(1774年)に出版された笑話本『』の一遍である「盗人の頓智」。元は小噺程度の短いものであったが、4代目橘家圓蔵が一席物にまとめた。 主な演者には、6代目三遊亭圓生(この噺で芸術祭文部大臣賞受賞)、そして林家彦六などがいる。 (ja)
  • 首提灯(くびぢょうちん)は古典落語の演目の一つ。原話は、安永3年(1774年)に出版された笑話本『』の一遍である「盗人の頓智」。元は小噺程度の短いものであったが、4代目橘家圓蔵が一席物にまとめた。 主な演者には、6代目三遊亭圓生(この噺で芸術祭文部大臣賞受賞)、そして林家彦六などがいる。 (ja)
rdfs:label
  • 首提灯 (ja)
  • 首提灯 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of