養和(ようわ、旧字体: 養󠄁和)は、日本の元号の一つ。治承の後、寿永の前。1181年の晩夏から翌年初夏にかけての10か月間にあたる。この時代の天皇は安徳天皇。源平合戦の時代で、源頼朝の源氏方では、この元号を使用せず治承を引き続き使用していた。

Property Value
dbo:abstract
  • 養和(ようわ、旧字体: 養󠄁和)は、日本の元号の一つ。治承の後、寿永の前。1181年の晩夏から翌年初夏にかけての10か月間にあたる。この時代の天皇は安徳天皇。源平合戦の時代で、源頼朝の源氏方では、この元号を使用せず治承を引き続き使用していた。 (ja)
  • 養和(ようわ、旧字体: 養󠄁和)は、日本の元号の一つ。治承の後、寿永の前。1181年の晩夏から翌年初夏にかけての10か月間にあたる。この時代の天皇は安徳天皇。源平合戦の時代で、源頼朝の源氏方では、この元号を使用せず治承を引き続き使用していた。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 139763 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1566 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 78933015 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 養和(ようわ、旧字体: 養󠄁和)は、日本の元号の一つ。治承の後、寿永の前。1181年の晩夏から翌年初夏にかけての10か月間にあたる。この時代の天皇は安徳天皇。源平合戦の時代で、源頼朝の源氏方では、この元号を使用せず治承を引き続き使用していた。 (ja)
  • 養和(ようわ、旧字体: 養󠄁和)は、日本の元号の一つ。治承の後、寿永の前。1181年の晩夏から翌年初夏にかけての10か月間にあたる。この時代の天皇は安徳天皇。源平合戦の時代で、源頼朝の源氏方では、この元号を使用せず治承を引き続き使用していた。 (ja)
rdfs:label
  • 養和 (ja)
  • 養和 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:創建 of
is prop-ja:創建年 of
is prop-ja:年号 of
is prop-ja:生誕 of
is foaf:primaryTopic of