Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 飯尾 憲士(いいお けんし、1926年8月21日 - 2004年7月26日)は、日本の小説家。大分県竹田市生まれ。父は朝鮮民族。陸軍士官学校に入学するも、終戦のため中途退学。第五高等学校文科卒。業界誌編集などの後、文筆業。1964年「炎」(『詩と真実』)で芥川賞候補、『文學界』に転載される。1975年初の著書を刊行、1978年父の秘密を描いた「海の向うの血」ですばる文学賞佳作。1980年「ソウルの位牌」で、1981年「隻眼の人」で芥川賞候補、1982年、敗戦直後の軍人の自決を描いた『自決』が直木賞候補となり注目される。以後、軍人や朝鮮民族の血を描いた小説を発表した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1560840 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1002 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 22 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49961618 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 飯尾 憲士(いいお けんし、1926年8月21日 - 2004年7月26日)は、日本の小説家。大分県竹田市生まれ。父は朝鮮民族。陸軍士官学校に入学するも、終戦のため中途退学。第五高等学校文科卒。業界誌編集などの後、文筆業。1964年「炎」(『詩と真実』)で芥川賞候補、『文學界』に転載される。1975年初の著書を刊行、1978年父の秘密を描いた「海の向うの血」ですばる文学賞佳作。1980年「ソウルの位牌」で、1981年「隻眼の人」で芥川賞候補、1982年、敗戦直後の軍人の自決を描いた『自決』が直木賞候補となり注目される。以後、軍人や朝鮮民族の血を描いた小説を発表した。
rdfs:label
  • 飯尾憲士
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of