Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 食(しょく、eclipse)とは、ある天体が別の天体の動きによって隠される天文現象である。蝕とも。大きく分けて、日食のように天体と観測者の視線上を別の天体が通る「掩蔽」と、月食のように光源(主に太陽)と天体との間を別の天体が通る「影による食」がある。太陽の掩蔽が観測されるとき、観測者のいる天体を外から見ると「影による食」が起こっている。また、隠すほうの天体または影が隠されるほうに比べ極端に視角が小さい場合は通過という。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 489287 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5086 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 76 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58227636 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 食(しょく、eclipse)とは、ある天体が別の天体の動きによって隠される天文現象である。蝕とも。大きく分けて、日食のように天体と観測者の視線上を別の天体が通る「掩蔽」と、月食のように光源(主に太陽)と天体との間を別の天体が通る「影による食」がある。太陽の掩蔽が観測されるとき、観測者のいる天体を外から見ると「影による食」が起こっている。また、隠すほうの天体または影が隠されるほうに比べ極端に視角が小さい場合は通過という。
rdfs:label
  • 食 (天文)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of