Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 食品安全基本法(しょくひんあんぜんきほんほう、平成15年5月23日法律第48号)は、食品の安全性の確保に関し、基本理念を定めるとともに、施策の策定に係る基本的な方針を定めることにより、食品の安全性の確保に関する施策を総合的に推進することを目的とした法律である。また、内閣府食品安全委員会の設置根拠法令である。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 446844 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1624 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 25 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58638681 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:リンク
prop-ja:内容
  • 食品の安全性の確保
prop-ja:効力
  • 現行法
prop-ja:番号
  • --05-23
prop-ja:種類
prop-ja:通称
  • なし
prop-ja:関連
prop-ja:題名
  • 食品安全基本法
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 食品安全基本法(しょくひんあんぜんきほんほう、平成15年5月23日法律第48号)は、食品の安全性の確保に関し、基本理念を定めるとともに、施策の策定に係る基本的な方針を定めることにより、食品の安全性の確保に関する施策を総合的に推進することを目的とした法律である。また、内閣府食品安全委員会の設置根拠法令である。
rdfs:label
  • 食品安全基本法
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:関連 of
is foaf:primaryTopic of