食のタブー(しょくのタブー)とは、飲食において宗教、文化上の理由でタブー(禁忌)とされる特定の食材や食べ方である。 特定の食材がタブーとされる理由としては、大別して 1. * 宗教上、文化上、法律上食べることが禁止されている 2. * 心理的な背徳感から食べることができない 3. * 食材と考えられていないから食べない の3種が挙げられる。 世に知られる食慣習やタブーには、既に形骸化し意味を持たなくなっている場合もある。例えばインドなどアジアの多くの地域で妊娠中から授乳期にかけて妊婦に非常に多くの食の禁忌が定められ、欧米の栄養学者から問題視されている。しかし、同様の禁忌のあるマラヤで実際に妊婦たちが食べている食品を調査したところ、表向き食べてはいけない多くの食品が摂られていた。他文化の食のタブーを考える時は、簡単に無知や非合理と捉えず、その禁忌が成立した背景や実態にも目を向ける必要がある。 なお、純粋に医学的な理由から、ある特定の食材を避ける必要がある人もいる。一例としては食物アレルギーを有する人の場合、特定の食材がアレルギー症状(場合によってはアナフィラキシーとなり、生命にも関わる)を引き起こすために、該当する食材を避けなければならない。

Property Value
dbo:abstract
  • 食のタブー(しょくのタブー)とは、飲食において宗教、文化上の理由でタブー(禁忌)とされる特定の食材や食べ方である。 特定の食材がタブーとされる理由としては、大別して 1. * 宗教上、文化上、法律上食べることが禁止されている 2. * 心理的な背徳感から食べることができない 3. * 食材と考えられていないから食べない の3種が挙げられる。 世に知られる食慣習やタブーには、既に形骸化し意味を持たなくなっている場合もある。例えばインドなどアジアの多くの地域で妊娠中から授乳期にかけて妊婦に非常に多くの食の禁忌が定められ、欧米の栄養学者から問題視されている。しかし、同様の禁忌のあるマラヤで実際に妊婦たちが食べている食品を調査したところ、表向き食べてはいけない多くの食品が摂られていた。他文化の食のタブーを考える時は、簡単に無知や非合理と捉えず、その禁忌が成立した背景や実態にも目を向ける必要がある。 なお、純粋に医学的な理由から、ある特定の食材を避ける必要がある人もいる。一例としては食物アレルギーを有する人の場合、特定の食材がアレルギー症状(場合によってはアナフィラキシーとなり、生命にも関わる)を引き起こすために、該当する食材を避けなければならない。 (ja)
  • 食のタブー(しょくのタブー)とは、飲食において宗教、文化上の理由でタブー(禁忌)とされる特定の食材や食べ方である。 特定の食材がタブーとされる理由としては、大別して 1. * 宗教上、文化上、法律上食べることが禁止されている 2. * 心理的な背徳感から食べることができない 3. * 食材と考えられていないから食べない の3種が挙げられる。 世に知られる食慣習やタブーには、既に形骸化し意味を持たなくなっている場合もある。例えばインドなどアジアの多くの地域で妊娠中から授乳期にかけて妊婦に非常に多くの食の禁忌が定められ、欧米の栄養学者から問題視されている。しかし、同様の禁忌のあるマラヤで実際に妊婦たちが食べている食品を調査したところ、表向き食べてはいけない多くの食品が摂られていた。他文化の食のタブーを考える時は、簡単に無知や非合理と捉えず、その禁忌が成立した背景や実態にも目を向ける必要がある。 なお、純粋に医学的な理由から、ある特定の食材を避ける必要がある人もいる。一例としては食物アレルギーを有する人の場合、特定の食材がアレルギー症状(場合によってはアナフィラキシーとなり、生命にも関わる)を引き起こすために、該当する食材を避けなければならない。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 412659 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 20656 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81552963 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 食のタブー(しょくのタブー)とは、飲食において宗教、文化上の理由でタブー(禁忌)とされる特定の食材や食べ方である。 特定の食材がタブーとされる理由としては、大別して 1. * 宗教上、文化上、法律上食べることが禁止されている 2. * 心理的な背徳感から食べることができない 3. * 食材と考えられていないから食べない の3種が挙げられる。 世に知られる食慣習やタブーには、既に形骸化し意味を持たなくなっている場合もある。例えばインドなどアジアの多くの地域で妊娠中から授乳期にかけて妊婦に非常に多くの食の禁忌が定められ、欧米の栄養学者から問題視されている。しかし、同様の禁忌のあるマラヤで実際に妊婦たちが食べている食品を調査したところ、表向き食べてはいけない多くの食品が摂られていた。他文化の食のタブーを考える時は、簡単に無知や非合理と捉えず、その禁忌が成立した背景や実態にも目を向ける必要がある。 なお、純粋に医学的な理由から、ある特定の食材を避ける必要がある人もいる。一例としては食物アレルギーを有する人の場合、特定の食材がアレルギー症状(場合によってはアナフィラキシーとなり、生命にも関わる)を引き起こすために、該当する食材を避けなければならない。 (ja)
  • 食のタブー(しょくのタブー)とは、飲食において宗教、文化上の理由でタブー(禁忌)とされる特定の食材や食べ方である。 特定の食材がタブーとされる理由としては、大別して 1. * 宗教上、文化上、法律上食べることが禁止されている 2. * 心理的な背徳感から食べることができない 3. * 食材と考えられていないから食べない の3種が挙げられる。 世に知られる食慣習やタブーには、既に形骸化し意味を持たなくなっている場合もある。例えばインドなどアジアの多くの地域で妊娠中から授乳期にかけて妊婦に非常に多くの食の禁忌が定められ、欧米の栄養学者から問題視されている。しかし、同様の禁忌のあるマラヤで実際に妊婦たちが食べている食品を調査したところ、表向き食べてはいけない多くの食品が摂られていた。他文化の食のタブーを考える時は、簡単に無知や非合理と捉えず、その禁忌が成立した背景や実態にも目を向ける必要がある。 なお、純粋に医学的な理由から、ある特定の食材を避ける必要がある人もいる。一例としては食物アレルギーを有する人の場合、特定の食材がアレルギー症状(場合によってはアナフィラキシーとなり、生命にも関わる)を引き起こすために、該当する食材を避けなければならない。 (ja)
rdfs:label
  • 食のタブー (ja)
  • 食のタブー (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of