Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 飛鳥井 雅庸(あすかい まさつね、永禄12年10月20日(1569年11月28日) - 元和元年12月22日(1616年2月9日))は、室町時代の戦国期から江戸時代前期にかけての公家・歌人。父は飛鳥井雅敦。初名は雅継、雅枝。1613年(慶長18年)従二位に至り、1615年(元和元年)権大納言に任じられる。昭高院准后道澄から古今伝授を、また藤木成定から入木道(じゅぼくどう=書道)伝授を受け、後水尾上皇・徳川秀忠・細川忠興・島津家久に蹴鞠を指導するなど諸芸に秀でていた。日記に『雅継卿記』、歌集に『入道大納言雅庸卿百首』などがある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 382270 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 808 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 39 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 44477580 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 飛鳥井 雅庸(あすかい まさつね、永禄12年10月20日(1569年11月28日) - 元和元年12月22日(1616年2月9日))は、室町時代の戦国期から江戸時代前期にかけての公家・歌人。父は飛鳥井雅敦。初名は雅継、雅枝。1613年(慶長18年)従二位に至り、1615年(元和元年)権大納言に任じられる。昭高院准后道澄から古今伝授を、また藤木成定から入木道(じゅぼくどう=書道)伝授を受け、後水尾上皇・徳川秀忠・細川忠興・島津家久に蹴鞠を指導するなど諸芸に秀でていた。日記に『雅継卿記』、歌集に『入道大納言雅庸卿百首』などがある。
rdfs:label
  • 飛鳥井雅庸
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:人物 of
is foaf:primaryTopic of