Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 飛騨郡代(ひだぐんだい)とは、江戸時代に4ヶ所設置された郡代の一つ。飛騨国全域の幕府直轄領の民治を司る行政官であり代官である。1588年(天正16年)より飛騨国一円は飛騨高山藩金森氏によって治められてきたが、1692年(元禄5年)幕府は当時の藩主金森頼時を出羽国へ移封し、飛騨国を天領とした。これは幕府が飛騨の豊富な木材資源と鉱物資源(銀・鉛など)に着目し、幕府財政の安定を図る目的があったと考えられている。以後、高山城を廃城とし、高山城の下屋敷を高山陣屋として行政を行なった。1777年(安永6年)、郡代に昇格。以降明治維新までに14代の郡代が派遣されている。(郡代昇格前の代官は11代派遣されており、それを合わせると25代)高山陣屋は、江戸時代の建物が唯一現存する天領陣屋である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 858093 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1293 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 52 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 38325425 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 飛騨郡代(ひだぐんだい)とは、江戸時代に4ヶ所設置された郡代の一つ。飛騨国全域の幕府直轄領の民治を司る行政官であり代官である。1588年(天正16年)より飛騨国一円は飛騨高山藩金森氏によって治められてきたが、1692年(元禄5年)幕府は当時の藩主金森頼時を出羽国へ移封し、飛騨国を天領とした。これは幕府が飛騨の豊富な木材資源と鉱物資源(銀・鉛など)に着目し、幕府財政の安定を図る目的があったと考えられている。以後、高山城を廃城とし、高山城の下屋敷を高山陣屋として行政を行なった。1777年(安永6年)、郡代に昇格。以降明治維新までに14代の郡代が派遣されている。(郡代昇格前の代官は11代派遣されており、それを合わせると25代)高山陣屋は、江戸時代の建物が唯一現存する天領陣屋である。
rdfs:label
  • 飛騨郡代
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:before of
is foaf:primaryTopic of