Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 飛田 廣(とびた ひろし、名前は広とも 1897年 - 1947年)は日本の植物学者である。霧ヶ峰の自然誌の研究を行った。茨城県に生まれた。東京高等師範学校を卒業し、1925年に旧制諏訪中学校の教諭として赴任した。1942年まで在職した。車山、八島湿原、観音沢など霧ヶ峰周辺地域の植生調査、植物目録作成を実施した。キリガミネトウヒレン(ネコヤマヒゴタイ Saussurea modestaの別名)やシロバナノハラアザミ (Cirsium oligophyllum f. albiflorum)などの希少種、新種を発見した。1941年に本田正次と「霧ケ峰の植物」を出版した。霧ヶ峰の自然保護に貢献した。シナノトウヒレン(Saussurea x tobitae Kitam.)の学名に献名された。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3150555 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 716 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 16 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58010114 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 飛田 廣(とびた ひろし、名前は広とも 1897年 - 1947年)は日本の植物学者である。霧ヶ峰の自然誌の研究を行った。茨城県に生まれた。東京高等師範学校を卒業し、1925年に旧制諏訪中学校の教諭として赴任した。1942年まで在職した。車山、八島湿原、観音沢など霧ヶ峰周辺地域の植生調査、植物目録作成を実施した。キリガミネトウヒレン(ネコヤマヒゴタイ Saussurea modestaの別名)やシロバナノハラアザミ (Cirsium oligophyllum f. albiflorum)などの希少種、新種を発見した。1941年に本田正次と「霧ケ峰の植物」を出版した。霧ヶ峰の自然保護に貢献した。シナノトウヒレン(Saussurea x tobitae Kitam.)の学名に献名された。
rdfs:label
  • 飛田廣
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of